« ライオン・スタウト | 最近 | 我が家のお姫さま »

2004年3月30日

大森望・豊崎由美『文学賞メッタ斬り!』

読了本 | 書籍・雑誌

2004年3月、パルコ出版〔Amazon〕。

私もたまには世間(←ネット上の、世間)の皆さんと足並みそろえた読書もするんである、ということを主張するために「読了しました」と記録しておく。

文学賞がらみの本というとよくありがちな、投稿者のための傾向と対策本ではなく、あくまでも「読者のための文学賞ガイド」というコンセプトには好感大ですし、ノリのよい対談形式なので読みやすいです。

ただ最近の私の場合は、みずから積極的に書籍周辺の情報を集めたり面白そうな本を求めて情報収集を行ったりということに情熱が失せがちで、手を伸ばしたところにたまたま存在した本を何も考えず読んで面白ければラッキー、面白くなくてもまあそれなりに、という淡々とした読書生活になってしまっているため、ここに書いてあることを知ったからといってどう、ということもないような。うーん。受賞や授賞の裏話なんか小説読む分にはノイズの範疇だよなあ。

とは言え、面白く読んだところも多く。地方のマイナーな文学賞を取り揃えて文学賞甲子園をやっちゃえ! という話で盛り上がる「ROUND 13」の暴走ぶりなど、本当に素晴らしい。

それと、今よりは話題になってる本に手が伸びていたちょっとむかしの話題だと、けっこう懐かしかったりしました。島田雅彦が芥川賞にノミネートされまくり落ちまくっていたことも、なんとなく覚えている(ご本人がこの件について朝日新聞に文章を寄せていたりしたっけ)。メフィスト賞から清涼院流水の『コズミック』(1996年当時の私の感想)が出たときの反響とかも。ちょうどあの頃インターネットにつながり始めたので、ネット上での賛否両論のようすはかなり記憶の中で鮮明(私も釣られて読んだわけだし)。ネット外でも喧喧諤諤だったんだね。

あとは、そうだな、

浅田次郎だって、「うわあ、あざとーい」と笑っちゃうようなとこが面白い。狙った演歌ポップスみたいな。(p.42 豊崎さんの発言)

っていうところがお勉強になりました。浅田次郎ってあのあざとさがどうしてもダメだ……と思っていたんだけど、そうか、むしろそこを楽しむのが正しい読み方だったのか。まだまだ修行が足りませぬ。って、どうも世の中の大半の読者は、斎藤美奈子が『趣味は読書。』で言うところの“善良な読者”であり、あれに素直に感動しているのではないかという気もしないではないのですが。

Posted at 2004年3月30日 13:52



All texts written by NARANO, Naomi. HOME