« 2004年4月 | 最近 | 2004年6月 »

2004年5月21日

何事もなかったかのように

書籍・雑誌 | 言葉

ゑぶろぐ(© ぱと兄)を再開。突然ですがわたくしは常々、「メールする」(5/22現在Googleで126000件ヒット)という表現がひそかに苦手でした。「手紙を送る」とか「手紙を書く」とは言っても「手紙する」とは言わないんだから、「メールする」も変だろう!――と。最近は、口頭でならまあまあ許容できるようになりましたが、書き言葉では今でもやっぱりちょっと抵抗ありです。

レックス・スタウトの「ネロ・ウルフ」シリーズで、ウルフが "contact" という単語は名詞限定だ、動詞として使うのは許せん、とか言い出してアーチーにおちょくられるシーンがあったかと記憶していますが(どの話だっけ?)、私もウルフ並みのヘンクツ者なのかもしれません。最近ウルフ並みに引きこもりだしな。安楽椅子探偵とOAチェア実務系翻訳屋ではえらい違いだが。

そういうわたくしですから、当然「インターネットする」(Googleで7150件ヒット)も苦手です。ぞわぞわします。オトナなので他人が言っててもにこやかに応対はしますが、自分は使いません。でも考えてみたら「コンフィグレーションする」や(←しつこい)「プロプライエタリな」ほどにはぞわぞわしてないかもしれん。ちなみに「プロプライエタリ・名詞」みたいなカタカナ表記はまだ許容範囲。「〜な」をつけてムリヤリ形容動詞化しているところにぞわぞわ。でもオトナなので、仕事でお客さんに使えと言われれば自分だって使います。嫌だけどな。

しかしそんな私をして「インターネットする」なんて可愛いもんじゃないの、と思わしめてしまうようなフレーズを、先日発見いたしましたので、謹んでここにご報告する次第です。昨日までちびちびと読んでいた、金井美恵子・金井久美子『待つこと、忘れること?』(2002年、平凡社)の中の一節。

 地方都市のある国際映画祭があって、私は行ったことはないのですが二年に一回の映画祭の時には、町は映画祭に訪れる外国人を含めたお客のために、要所要所におかれたインターネットでソバ屋の地図を紹介したり、茶道部の女子高生たちがお茶をたてたりと、いろいろサーヴィスとおもてなしの工夫をしているらしいということは、映画祭に行ったことのある知人から聞いていました。

「要所要所におかれたインターネット」! インターネットを置くのか!

「インターネット上のクソ文章」(と、金井先生はこの本の中で表現しておられます)とは違うんだから校正かけようよ。それとも文芸系の校正の人は、こういうのを「作者の味」として許容範囲に入れてるんだろうか?

何年も前、職場のおじさんに、その頃まだ出始めだった「インターネット接続機能のあるテレビ」のチラシを見せられて
「このテレビにはインターネットが入っているのでしょうか?」
と質問されたときのことを、懐かしく思い出しました。

――こんな書き方をしているけど、実は金井美恵子さんの文章は、かなり好きなのです。十行くらい延々と句点なしで文章が続いたりする独特の文体も含めて。『待つこと、忘れること?』も、大変楽しく読みましたですよ。ツボはいろいろあったのですが、なんと言ってもこのエッセイ集のピカ一は、これ。

友人や知人のお母さんが亡くなった、という話を聞くと、つい、よかったじゃない、ほっとしたでしょう、と祝福したくなるのですが、まさか、そうはっきりとは言えない場合も多いのです。

異論はあろうが、この人はこのままの路線で歳を取れば、森茉莉系の素敵なお婆さんになってくれるのではないかと私は注目しています。ただし晩年の森茉莉より、部屋はずっときれいであるに違いない。

Posted at 23:56 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月22日

久々にビール・ラベル画像(バルバール)

ビールラベル

barbar.jpg

久々に、というか更新自体が久々なんですね。ベルギーのBarbar(バルバール)です。蜂蜜入りビールですが、最近日本でも売られているキリンの発泡酒ハニー ブラウン(これもけっこう美味しくはあった)よりは濃厚というか、味に厚みがあるかんじ。

しかし、「味覚」の描写、私は下手だよなー。「美味しい、美味しくない」、「好みである、好みでない」、「辛い、甘い」、みたいな無粋な単語しか語彙がないというか。

前述『待つこと、忘れること?』(2002年、平凡社)の中に、ビールについてのエッセイが収録されていて、この中のギネス・ビールの描写がすごくよかった。

まずギネス・タイプの黒ビールは、ツンツンというかシュワシュワやけに気泡ばかりが舌にちくちくして味がない、というのとは反対で、黒蜜やハチ蜜のような香りと酸味があって、麦とホップで作られた食べ物と飲み物の中間とでも言いたいような――何か冷たいさわやかなスープを飲んでいるような――味で、(後略)

こういうの読むと、「うー、そうそう。味も分かんないくらいキンキンに冷やしたのをぐーっと飲んで喉越しを楽しむようなラガー系の炭酸きつくてうすーい苦味だけ残るようなビールとは違うのよねー」としみじみするのですが、自分では書けない。

Posted at 03:12 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月23日

ウィンドウシラー化プロジェクト頓挫中

もろもろ

avo001.jpg

引越し前には、日当たりのよい窓辺を確保して植物を並べ、ベランダーならぬウィンドウシラーになるのだと宣言していたわたくしですが、いつのまにかその窓辺は、同居人A氏のパソコンのモニタやらスキャナやら古い雑誌やらで占拠されて、植物生活どころじゃないのでございます。どっちみち外出先で鉢植えが目についたときにかぎって、すでに両手に荷物持ってて、とてもそんなもの買える状態じゃないし。

で、とりあえず、食べ終わったアボカドの種を空きプリン容器に入れてみました。下半分を水につけておくと、いずれ種が割れて根っこが出てくるそうなのですが、今のところ、割れただけで根や芽が出るようすはまったくありません。がんばれ!

さて、頓挫しているだけでは能がありません。一応、手がふさがっているときでもピピっと来る鉢植えがありはしないかと、近隣のお花屋さんや園芸店などをちらちら覗いてみたりはしております。昨日もそんなかんじで、ぶらぶらとしておりました。しかし私はそこで、ウィンドウシラー(予備軍)魂を一気に萎えさせる光景を目にしてしまったのでございます。

あのですね、鉢植えコーナーで、一部の植木鉢が、地べたに直接並べてあったのですよ。そしたらそこへ、犬連れのカップルがやってきてさ。その犬がさ、いきなりうしろ足をあげて、手近な植木鉢をトイレ代わりにしちゃったわけです。んで、飼い主の人たちはその事態に恐縮するそぶりを見せるどころか、「あらあら、いいところに素敵なおトイレがあってよかったわねええ」みたいな微笑ましげな表情で、にこやかに犬の所業を見守っていたりしたわけですよ。う、うーん。

犬はね、悪くないと思うんです。悪気はないと思うんです。問題はにこやかに見守る飼い主だ! お花屋さんの鉢植えは「売り物」なのに! 犬好きの皆さんには、そういうの許容範囲なんでしょうか? 肥料になるし別にいいじゃない、とか思うんでしょうか? し・ん・じ・ら・ん・な・い!

犬を飼ってる人から見れば、「そんなの不可抗力だし仕方ないじゃん」ってことなのかもしれません。でも、犬を飼ってない者からすれば、お店の売り物をトイレ代わりに使わせないということが、飼い主にとって不可能であるとは思えないのですが。けっこう、お利口そうな顔つきの犬だったし(顔は関係ない?)。でもやっぱ無理なの? なんかなあ、ショックだったなあ。飼い主のあの、にこやかな顔が! で、もう店員さんがどうリアクションしたのかをチェックする気力もなくすごすごと帰宅。私が神経質かね? 私も「微笑ましい休日の光景」として受け止めるべきだったんでしょうか?

そんなこんなで、今日もウィンドウシラー化プロジェクトは進んでいません。

Posted at 20:30 | 個別リンク用URL | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年5月24日

数日遅れだけど

近況

bdcake.jpg

お誕生日だったので、ケーキ買ってもらいました。直径12cmくらい。
この1年も、おかげさまで特に何事もなく息災でいられました、はい。めでたしめでたし。

誕生日も嬉しいが(ええ、いくつになっても嬉しいもんは嬉しいさ)、それはそれとして実はわたくし本日より、自営の在宅労働者化4年目に突入いたしました。この1年もおかげさまでどうにかこうにか、少なくともからからに干されることはなくやって来れました。しみじみ。もう今更、会社員に戻れるとは思えないので、これからの1年もなんとか食いついてやっていきたいものでございます。ほほほ。

Posted at 21:55 | 個別リンク用URL | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年5月25日

混沌たる段ボールの海に溺れつつ

書籍・雑誌 | もろもろ

わけあって突然、ダグラス・アダムスの『銀河ヒッチハイク・ガイド』(新潮文庫)を読む必要が生じました。なんとなく読んでみたいなあ、などというような漠然とした気持ちではなく、「読まねばならぬ!」という脅迫観念に近いかんじです。

ところが、同じシリーズの『宇宙の果てのレストラン』『宇宙クリケット戦争』は見つかったのに、シリーズ第1作(だよね?)の『銀河ヒッチハイク・ガイド』だけがありません。わーん、未読本のストックがいくらたくさんあったって、読みたいときにさっと出て来ないのでは、意味なしですわ! そしてAmazonのマーケットプレイスでは、5/25現在、2000円とか2980円とか、妙に高い値段ついてますけど! 復刊バージョンは、1491円しますけど! 絶対、この家のどっかにあるのに、そんなもん悔しくて買えませんがな!

ああ、今度こそ、時間を作ってきちんと本を整理するのだ! 整理したあかつきには、小泉喜美子の『弁護側の証人』(集英社文庫版)あたりがごろごろと4〜5冊、出てきそうでちょっと怖いけど。見つからない本を買いなおすのも、これからはなるべくやめたいものだ。でも今、どっかその辺の古書店で『銀河ヒッチハイク・ガイド』が100円くらいで見つかったら、買っちゃいそうな気がするなあ(いや、どっかの古書店にあっても教えてくれなくていいです。まだ家の中で見つかるという望みは捨ててないから)。ああ、読みたい。

それにしても、注文した本棚は7月までお届けできませんと言われてしまいました……まだ当分は段ボールと共にある生活です。

Posted at 22:53 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月26日

K.M. ペイトン『バラの構図』

読了本 | 書籍・雑誌

掛川恭子・訳。岩波書店、1974年。【Amazon.co.jp】
原書は K. M. Peyton "A Pattern of Roses" 1972 年。

中学生時代から数年に1回くらい、やたらと読み返したくてたまらなくなる本。ペイトンだと、「フランバーズ」シリーズあたりが有名なのではないかと思うし(たしか英国ではテレビドラマにもなってたような?)、私もクラスメートと「フランバーズ」新刊(ずっと「3部作」だったのに、あるとき突然、第4巻が出たのです)を回し読みしてきゃーきゃー盛り上がった記憶があるので、そういう意味では思い入れはあるのだけど、それでもペイトン作品で一番好きなものを挙げろと言われたら、迷わずこの『バラの構図』。

広告会社を経営するエリートの父とおハイソ(死語?)な母のあいだで成績優秀な一人息子として何の不自由もなく暮らしてきた16歳の少年ティム・イングラムは、引越し先の田舎の家で、60年前に自分と同じ「T.R.I.」という頭文字を持つ少年が描いた絵を発見して以来、その少年の姿を白昼夢に見るようになります。そして、地元の牧師館の娘レベッカと一緒に、16歳の誕生日を目前に亡くなったらしいその「トム・インスキップ」という少年について調べ始めます。

恵まれた生活を送りながら恵まれた教育を受けつつも、すでに敷かれたレールの上を進む人生に迷いが生じている現代のティム。貧しい食うや食わずの生活で、せっかくの絵の才能を伸ばす機会もなく身を粉にして働いて、それでも自分の人生に疑問を持つことのない(というか持つヒマもない)まま若くして死んでしまった60年前のトム。時を隔てた二人の少年の対比と類似が鮮やかに提示され、きっちりと計算して構成された小説という印象。

10代の私にとって、一番印象的だったのは終盤で出てくる「全き精神的恩恵」というフレーズでした。

トムの一生は短いものでしたが、とても幸せでした。というのも、トムはおおくを望まず、与えられたものを神の恵みとしてうけいれ、全き精神的恩恵の中にいられたからです。

「全き精神的恩恵」のもとで、つまり寝るところがあって飢え死にしない程度に食べられるということに感謝し平穏な満ち足りた心で淡々と生きていきたい気持ちと、現状では満足したくない、自分の力を試したい、もっと「上」に行きたいという気持ちと。どちらも、ティムは切り捨ててはいません。

実は、翻訳者の掛川恭子さんは、あとがきにおいてティムのこの「どっちつかず」な在り方に疑問を呈しています。父親にお膳立てされたエリート・コースを蹴って安い賃金で自活し始めた彼が、かつかつの生活をしながらも実はそれに満足しておらず、いずれは次のステップに進む算段をしているのが、残念だと。いわく、

最初からエリートになる道は拒否したけれど、労働者としての現在の生活も、やはり未来へ向けての発展向上をつながったところでとらえているとなると、ドロップ・アウトしたにしてはずいぶん用意がいいなという気がしてしまいます。

しかし私は、ティムはそもそも、社会から「ドロップ・アウト」したつもりはないんじゃないかなあ、と思っています。自分の心を押し殺してまで周囲の期待に応えつづけることをやめて「自分が納得できる形での社会との関わり方をめざしてを自分が納得するやり方で歩いて行く」手段として、まずは親からの経済的自立を果たしただけじゃないのかなあ。

もしも、ティムが10代の時点で親の望みを拒否したと同時に自分の本来の資質を活かせる道までも断念して、ただ食べていけるだけの労働者生活に平凡でささやかな幸せを見出して満ち足りて生きていくという結論に達していたら、この話は私にとって、ここまで印象的ではなかったような気がします。

親と親が重視する世間体に縛られて生きていくのは限界、でも欲しいものは手に入れたい、なおかつ「全き精神的恩恵」のなかにもありたい。それにはどうすればいいんだろう――というような、彼の葛藤と模索があるからこそ、私はこれを、いまだに読み返してしまうんだろうと思うのです。

たぶんいまだに私は、同じような葛藤を消化しきれずにいます。


ところで、これもイギリスでは1983年にドラマ化もされてるんですね(IMDbデータ)。しかし、英国アマゾンの紹介を読むかぎりでは、なんだか基本設定だけ借りたまったく別のお話っぽいような?


《5/27追記》
『バラの構図』ドラマのこと。「基本設定だけ借りたまったく別のお話」っていうのは、ちょっと言い過ぎたかなあ、と反省。でもあのあらすじを読んだら、原作よりも超常現象っぽい部分や恋愛色が強調されてるのかな? と感じたので。

Posted at 23:42 | 個別リンク用URL | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年5月27日

ブラック・クィリン (Black Cuillin)

ビールラベル

blackcuillin.jpg

スコットランドのスカイ島なんていうところからはるばるやってきたのねえ、というだけの理由で購入。まあ、ふつうに美味しく飲めるオーソドックスな黒ビール。原料にヒースのハチミツが使われているらしいですよ。Cuillinというのは、スカイ島にある山の名前。

醸造所 "Isle of Sky Brewery" は、地元ではゲール語で "Leann an Eilein " と呼ばれているそうな。

Posted at 10:48 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月28日

エリザベス・エンライト『ひかりの国のタッシンダ』

読了本 | 書籍・雑誌

久保田輝男・訳、フェリシモ出版、2001年刊。学習研究社から1968年に出たものの復刻版。【Amazon.co.jp】

原書はElizabeth Enright "Tassinda" 1963年刊。【Amazon.co.jp】

もやに包まれ外界から閉ざされている豊かな美しい国タトランの人々は、みんな白い髪と青みどりの目。幼い頃に外界からワシに連れられてやってきたタッシンダだた一人が、金髪と茶色い目をしています。やさしい養父母に恵まれ、織物の才能を発揮し、すくすくとまっすぐに育ちはしましたが、周囲からは「異端者」扱いされ、結婚もできないだろうと思われているタッシンダ。でも実は、子供のとき外見のことでいじめられていたところを助けてくれた王子様にひそかな思いを寄せているのです……。そんなある日、タトランはその長い歴史のなかで初めて「外敵」からの攻撃を受けるのでした。

ストーリー的には特に複雑なところもないファンタジー。まずは、タトランという国の土地や動植物の描写の美しさを堪能。

私たちの観点からすれば夢のような世界に住む、美しく善良で穏やかな人々であっても、自分たちとは髪と目の色が違うだけであるタッシンダを受け入れるのに、ワンクッション必要だった――というのが、よく考えると重く、外見や人種の違いによるいじめや異端視なんていうテーマを読み取ることも可能であることは明らかなのですが。

表紙や本文の挿絵(アイリン・ハース)もとても雰囲気があって素敵です。1968年版で使用されていたイラストそのままだということですが、今見ても全然古臭くない。現在出回っている英語版の表紙(1991年, Katie Thamer Treherne)もきれいだけど。

Posted at 09:56 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日

K.M. ペイトン『運命の馬ダークリング』

読了本 | 書籍・雑誌

掛川恭子・訳、岩波書店(世界の青春ノベルズ)、1994年刊。【Amazon.co.jp】
原書はK. M. Peyton "Darkling" 1989年刊。【Amazon.co.jp】

『バラの構図』を再読したくなって図書館に行ったとき(自分でも所有してるはずなんだが、借りるほうが早かった)に、隣にあったこれも目についたので借りてきました。そういえば自分が成人してから刊行されたペイトン作品って、読んだことなかった。

主人公ジェニーは、物語冒頭では高校卒業間近の女の子。裕福な友人たちに囲まれながらも、自身は貧しい家庭の末っ子として閉塞感いっぱいの環境に置かれています。過去の事故で障碍者となってしまって動けない父、何もかもに対してなぜか攻撃的な母、そして無邪気で愛すべき人物ではあるがトラブルメーカーの祖父。この祖父が、後先考えずに「掘り出しもの」のサラブレッドを競り落とし、ジェニーに任せたことから、彼女の運命は否応なしに動いていきます。

『フランバーズ』でもヒロインはかなりの馬好きでしたが、この物語のジェニーはもっとです。なんぜ、職業は厩務員だし。そしてこれはモロに、ダークリングというタイトルロールの馬が「影の主人公」です。馬への愛情に満ちた文章の真摯さ、レースの臨場感あふれる描写の迫力。ペイトンは本当に馬が好きなんだねえ。

ラストは、決して王道のストーリーパターンのような大団円ではありません。ただこれまで続いてきて、これからも続いていくジェニーの人生のほんの一時期を切り取った、という印象。これからまだまだ、ジェニーの運命は、どうにでも動くでしょう。その、物語が「閉じられていない」かんじは、考えてみれば今までに読んだほかのペイトン作品にも通ずるものがあるかもしれなません。

Posted at 21:33 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月30日

Dark Island

ビールラベル

darkisland.jpg

先日のBlack Cuillinと一緒に買った黒ビール。スコットランドのオークニー諸島からやってきました。ストーンサークルの描かれた「いかにも」なラベルです。同じ醸造所のほかの製品もみんなラベルがきれいだなあ。

これも美味しく飲みましたが、Black Cuillinとの違いを説明しろなんてことは、味覚関係のボキャブラリーの貧困さを痛感中の私には求めちゃ駄目です。

私は Black Cuillinのほうに微妙に酸味があったように感じたのですが、Webで検索してもそういう意見が見当たらないので(むしろこのDark Islandのほうに酸味が感じられるというコメントが……)、もしかしたらこのあいだ私が飲んだやつは保存状態でも悪かったのではないか、本来はもっとずっと美味しいはずだったのではないか、と疑い始めています(笑)。うーむ。今度別の店で見かけたらまた買ってみるかね。

Posted at 00:25 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月31日

Eureka!

言葉

告白します。

かなり前の話になりますが、一時期、巡回している日記などで、「わたおに」というものがやたらと話題になっていたことがありました。わたくし、今日の今日まで、それを「渡る世間は鬼ばかり」の略だとばかり思ってまいりました。いや、番組自体はほとんど観たことないんですけどね。

で、「わたおに」という単語を見るたびに、最近は秋葉原系な人たちのあいだでも流行っているのだろうか、泉ピン子萌え! とか言ってるんだろうか、なんだかよそさまのサイトを見ているとフィギュアがあるらしいけど、やはり「えなりかずきフィギュア」とかもあるんだろうか……と色々想像をたくましくしておりました。

本日いきなり気付いたんだけど――フィギュアの出ている「わたおに」っていうのは、もしかしてもしかしたら、『わたしのおにいちゃん』の略ですね?

ヘレン・ケラーが「Water!」と理解したときってこんなかんじだったのかしら、と思ってしまうほどの目からウロコぶりでございました。すごく今更なんですが。

Posted at 23:02 | 個別リンク用URL | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | 最近 | 2004年6月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.