« 数日遅れだけど | 最近 | K.M. ペイトン『バラの構図』 »

2004年5月25日

混沌たる段ボールの海に溺れつつ

書籍・雑誌 | もろもろ

わけあって突然、ダグラス・アダムスの『銀河ヒッチハイク・ガイド』(新潮文庫)を読む必要が生じました。なんとなく読んでみたいなあ、などというような漠然とした気持ちではなく、「読まねばならぬ!」という脅迫観念に近いかんじです。

ところが、同じシリーズの『宇宙の果てのレストラン』『宇宙クリケット戦争』は見つかったのに、シリーズ第1作(だよね?)の『銀河ヒッチハイク・ガイド』だけがありません。わーん、未読本のストックがいくらたくさんあったって、読みたいときにさっと出て来ないのでは、意味なしですわ! そしてAmazonのマーケットプレイスでは、5/25現在、2000円とか2980円とか、妙に高い値段ついてますけど! 復刊バージョンは、1491円しますけど! 絶対、この家のどっかにあるのに、そんなもん悔しくて買えませんがな!

ああ、今度こそ、時間を作ってきちんと本を整理するのだ! 整理したあかつきには、小泉喜美子の『弁護側の証人』(集英社文庫版)あたりがごろごろと4〜5冊、出てきそうでちょっと怖いけど。見つからない本を買いなおすのも、これからはなるべくやめたいものだ。でも今、どっかその辺の古書店で『銀河ヒッチハイク・ガイド』が100円くらいで見つかったら、買っちゃいそうな気がするなあ(いや、どっかの古書店にあっても教えてくれなくていいです。まだ家の中で見つかるという望みは捨ててないから)。ああ、読みたい。

それにしても、注文した本棚は7月までお届けできませんと言われてしまいました……まだ当分は段ボールと共にある生活です。

Posted at 2004年5月25日 22:53



All texts written by NARANO, Naomi. HOME