« 低価格化もここまで | 最近 | 「LOVERS」予告編を観て、つらつらと。 »

2004年6月27日

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画版)

映画・テレビ

Amazon.co.jp

まだしばらく行かないつもりでいましたが、結局観て来てしまった。

ずいぶんすっきり刈り込んだねー、というのが観終わって最初に浮かんだ感想。あれもこれもそれもすっきり省略して、これまでで(たしか)一番短い2時間22分。「おお、ここからもうここへ話が飛ぶのか!」、「うわ、こことここをくっつけたのか!」と、脳内で原作の記憶とつき合わせて脚本の苦労を思ってしまった(笑)。でも、原作どおりにやってたらお子様映画にあるまじきすっごい長い映画になっちゃうもんねえ。けっこう、うまいことつぎはぎしていたと思います。原作読んでないと意味不明な描写とかも残っちゃったけど。

前2作は、原作の枠組みにとらわれてすごく窮屈そうに作ってるなあ、と感じられた部分もあったので、今回はざくっと大胆にやってくれてよかったのでは。たしかに駆け足なかんじもしたけど、その分、展開がスピーディで飽きる暇もなく最後まで観ていられたという点では、これがシリーズ中で一番って人も多そうな気がします。少なくとも私は楽しゅうございました。

映像もお行儀のよかった前作と比べると、ダークだったりいろいろ遊びがあったりと面白かった。ディメンターなんか、お子様に見せるのをためらっちゃう親もいるんじゃないかってくらい怖かったし。子役は皆さん、大きくなりましたね。一昨年の『秘密の部屋』のときに私がしきりに可愛い可愛いと言ってたトム・フェルトンくん(ドラコ役)は、よそのサイトで「成長してから顔が崩れて可愛くなくなった」という意見を目にしましたが、ワタクシ的には、今でも充分可愛らしいと思います。嬉々としてヘタレた情けない悪役をやってくれてますよ。

Posted at 2004年6月27日 20:15

コメント

わたしも昨日見てきたよ〜「アズカバンの囚人」。
私も思った、「ドラコってもっと美形じゃなかったっけか?」
はーちゃんはどんどんきれいになっていくね。
みんな大きくなって、おばちゃんは年とるはずだわ、などと近所の子に
対して抱くような感想を抱いてしまいました。
原作を読んでから時間がたちすぎてて、どのへんをかりこんでるかとか
全然わかんなかった。また読み返そうかな〜、はじめから…。

投稿者 どら : 2004年6月29日 21:00



おお、どらさんも見ていらっしゃいましたか。
ドラコ美形度についてはノーコメント(笑)。ハーマイオニーは今回、大活躍でしたね。きれいになったのと、役柄上キリっとした表情が多くてかっこよかったです。

私は映画を観に行くちょっと前に、『アズカバン』だけ原作和訳本を読み返して予習していったのですよ。あまりにも覚えてなかったので。映画はかなーり大胆に削ってました。

投稿者 ならの : 2004年6月30日 00:15



わたしも観ましたよ〜。
全寮制中学〜高校ですか?みたいな感じにみんな
育ってましたね。

でもでも、ドラコはやっぱりあの情けなさっぷりが
かわいい! 半泣きになっちゃったりしてさ〜。
今後の映画で、育っちゃっても、このまま意地悪&
ダメっぷりでいて欲しいな〜。

投稿者 おーた : 2004年7月 2日 01:16



おお、観ていらっしゃいましたか。
あのホグワーツ校は、11歳から7年間通うみたいなので、まさに全寮制の中学〜高校ってかんじかもしれませんね。

でも、物語内では3作目はみんな13歳のはずなのに、子役の皆さんは多分もう14〜16歳ってところじゃないかなあ。白人の子供は日本人の目から見るとただでさえ、成長が早いのに。次の14歳編はどんなかんじだろう。昨日読んでた映画雑誌に、「ダニエル・ラドクリフはもうヒゲを剃っている」って書いてありましたよ。ひゃー。

ドラコは、あのダメっぷりがかわいいですよねー。

投稿者 ならの : 2004年7月 3日 18:23





All texts written by NARANO, Naomi. HOME