« 嶽本野ばら『下妻物語』 | 最近 | Old Foghorn »

2004年7月 5日

法則を知りたい

書籍・雑誌 | 映画・テレビ | 言葉

『SCREEN』という映画雑誌などを出している、近代映画社という出版社があります。ここの出版物における、海外俳優の人名表記の独特さが、前々から非常に気になっています。

たしかに外国語をカタカナ表記するのって、いろいろと無理矢理な部分があるから、いろんな表記は可能だと思うんだけど、有名人の名前なんて、ある程度は世間一般の共通認識ってもんがあるでしょう。故ロナルド・レーガン元大統領を、そうとも聞こえるからと言って「リーガン」などと表記した新聞がありましたか?

しかしながら、近代映画社だけは、かたくなにこの「共通認識」を無視した表記法を採用してくれてるのだ。欧米の俳優さんの名前から、ちょっと目についたのを拾ってみます。


(括弧内が一般的と思われる表記)
●オーランドー・ブルーム(オーランド・ブルーム)
●イライジャー・ウッド(イライジャ・ウッド)
●ヴィゴー・モーテンセン(ヴィゴ・モーテンセン)
●ジュード・ロー(ジュード・ロウ)
●ダニエル・デイ・リュイス(ダニエル・デイ=ルイス)
●キャメロン・ディアズ(キャメロン・ディアス)
●グィネス・パルトロー(グウィネス・パルトロウ)
●キアヌー・リーヴス(キアヌ・リーブス)
●ウィノーナ・ライダー(ウィノナ・ライダー)
●マコーリー・カルキン(マコーレー・カルキン)
●キアラン・カルキン(キーラン・カルキン)
●ドルー・バリモア(ドリュー・バリモア)
●レナード・ディカプリオ(レオナルド・ディカプリオ)
●ヘーリー・ジョエル・オズメント(ハーレイ・ジョエル・オスメント)


ここまで、すでに定着している表記を無視する意図って、なんなんだろう? 日本では「レオ様」なんて呼ばれていたこともあるディカプリオが「レナード」では、なんだか別人です。またこの「レナード」という表記には、もう一つ謎があって。

「Elijah=イライジャー」とか「Orlando=オーランドー」とかを見るかぎり、末尾に母音が来る綴りになってる名前は強制的に長音記号(ー)をつけるという法則があるっぽいんですが、なぜかこの「レナード」だけが例外なのだ。「Leonardo」なのに、「レナードー」じゃないのだ(そんな表記したらますます「レオ様」とは別人っぽいけど)。

ジャッキー・チェン(Chan=陳)とイーキン・チェン(Cheng=鄭)を区別して「チェン」と「ツェン」に書き分けている(そうなんだよー、イーキン・チェンが「イーギン・ツェン」になってるんだよー)近代映画社が、なぜ "Leonard" と "Leonardo" とを区別しないのか。そして "Leonardo" が「レナード」になるなら、ほかの人たちの名前もさくっと「イライジャ」、「オーランド」、「キアヌ」でいいんじゃないか? ああ、すっきりしない。すごーくすっきりしない。いったい、何が基準なんだ。

こんなにも独特の表記が、毎号毎号、きっちり統一されて守られているということは、近代映画社で仕事をするライターさんには、きっと最初に「当社の表記規則」みたいなマニュアルが配られるのに違いないぞ。見てみたいなあ。とっても好奇心をそそられるなあ。

Posted at 2004年7月 5日 16:19

コメント

こんなん見つけました。

http://www.maboroshi-ch.com/cha/jin_02.htm
>『スクリーン表記探し』(「マーロン・ブランドー」「F・フェッリーニ」など雑誌「スクリーン」独特の人名表記を味わう)

なんか、《そういうもの》って定着してるんでしょうか。
きっとね、編集部の片隅に「生き字引」と呼ばれるおじいさんがいるんだよ。そんでもって新しい俳優が出てくると「この人はどうしましょうか?」って編集部員が訊きにいくわけ。いつも眠そうな生き字引老人は、そういうときになるとカッと目をみひらき、「む……、これは、きあぬー・りーhすじゃ! [h]は[う]に点じゃぞ」と答えるわけです。長生きして欲しいもんです、生き字引さん86歳。

投稿者 ぱと : 2004年7月 7日 02:52



やはり《そういうもの》と思って楽しく味わうのが正解? 伝統芸?

生き字引さん86歳には、お弟子さんをつけてあげるといいんじゃないでしょうか。介添係兼。お一人では毎朝の出勤も大変だし。

「先生、《オーランド・ブルーム》にしようと思うのですが」
「このたわけがっ。心の目が曇っておるっ。ええい、情けない、いまだにこれを《オーランドー》と見切れないようでは、とうていわしの跡を守ることなど……(涙ほろほろ)」

みたいな?
(あんまり調子に乗るなよ>わたし)

投稿者 ならの : 2004年7月 7日 13:41



「もはやお前に教えることは何もない……よくここまで成長したものじゃ」ばたっ
「せ、せんせい!」
「…………」
「うぉぉぉぉ、俺も立派な外国人名カタカナ表記職人になります! 見守っていてください!」

「ふふふふふ」
「何者!?」
「老いぼれがいなくなればもうこわいものはないな」
「な、なにっ! 貴様は誰だ!」
「俺はアフリカ語圏人名カタカナ表記職人ンガゴゴ・ゲゴガゴだ。お前の師匠のために日の当たらぬところに追いやられて三十年、今こそ恨みを晴らす時がきた。これからは俺様の好きなようにさせてもらう」

……いい加減にしますすいませんごめんなさい。

投稿者 ぱと : 2004年7月 8日 23:22



そこへフランス帰りの新進エリート片仮名表記職人なんかも乱入して編集部は混乱の戦国時代へ。炸裂する濁音符フラッシュビーム、長音記号ボマー。血で血を洗う壮絶な拗音対決。

……長生きしてほしいものです、生き字引さん86歳。

投稿者 ならの : 2004年7月 9日 21:38





All texts written by NARANO, Naomi. HOME