« 2004年7月 | 最近 | 2004年9月 »

2004年8月15日

Elizabeth Marie Pope "The Perilous Gard"

読了本 | 書籍・雑誌

Houghton Mifflin Company, 1974年刊行。【Amazon.co.jp】

時は1558年、ブラッディ・メアリーことメアリー一世の治世。女王の妹である、のちのエリザベス一世ことエリザベス王女の侍女であったケイト(キャサリン)は、可愛いけれど軽薄な妹アリシアの無分別な行動のあおりを食らって女王の不興を買い、暗い古森を抜けたところにある僻地の城に追放されてしまいます。

そこの領主は、亡き妻から土地を相続したものの、元からそこにいる使用人たちからはよそ者扱い。城の住人が、地元の村人からは忌避されているふうなのも腑に落ちない。しばらく前に起こった、領主の幼い娘が忽然と姿を消すという事件の裏にも、何かおぞましい事情があるらしい。

実はそこは、キリスト教が定着する以前の神々をあがめる古き民が力を持つ土地だったのでした。城の者たちは、代々、王家ではなく彼らに仕えて見返りを得ることで繁栄してきたのです。真実を知った領主の弟クリストファーは、生け贄として連れ去られた領主の娘の身代わりとなる契約を交わしてしまいます――。

当時の若い女の子の美徳にことごとく反する性格と容姿のケイトが、捕らわれの王子様もといクリストファーを助け出すお話。どの登場人物もキャラが立ってて楽しいのですが、とりわけ主役二人の、甘ったるいところ皆無なテンポのいい会話が素敵。

ケルト神話の「タム・リン」伝説(妖精の女王に捕らわれた騎士が、ハロウィンの夜に恋人の助けで人間界に戻る)を踏まえたクライマックスのオチ(「オチ」という表現もどうかと思うのだが、「オチ」としか言いようがない)も素晴らしい。いかにもこの二人らしくて。いやはや、手に汗握るシーンなのに、笑い転げそうになりました。好きだなあ、こういうの。

古き民の、美しく優雅でありながらも人知を超えたおぞましく恐ろしい存在であり、なおかつキリスト教という新勢力に押し流されて消えゆく種族でもあるというあたりの描写が、リアリストな主人公の視点できちんと書き込まれていて、よかったです。物語の中でも少し言及されていますが、主役の片割れがクリストファー(“キリストを担う者”の意)という名前なのも象徴的。

1975年ニューベリー・オナー賞受賞作品。作者は博士号を持つシェイクスピア研究者らしい。

Posted at 14:37 | 個別リンク用URL | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年8月17日

映画邦題の謎

映画・テレビ

Amazon.co.jp

ねえねえねえ、どうして、お仕事大好きな牛乳配達のお兄さんがひょんなことからボクサーになってしまうコメディ映画「Calcium Kid」(カルシウム小僧)が、日本に来ると「チャンピオン 明日へのタイトルマッチ」なんていう、どっかで聞いたようなスポ根タイトルになってしまうの!? ねえねえねえ。

Posted at 09:58 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月18日

アジア系ビール3点

ビールラベル

sanmiguel.jpg

サンミゲル。フィリピンのビール。ラベルはなくて、瓶に直接ロゴが印刷されてる。味はまあ普通。

singha.jpg

シンハー・ゴールド。タイのバンコク産。前に「333」を飲んだのと同じお店で。うーん、これもまあ普通。次に同じお店に行ったら、また「333」かなあ。。

lionlager.jpg

ライオン・ラガー。前にここに写真を出したスリランカの「ライオン・スタウト」のラガー版。ラベルは同じデザインの色違い。

更新を休んでいたあいだに、けっこうビールラベル画像も溜まっているんですが、一気に出したら、なんだかビール紹介サイトみたいになっちゃうなあ。

Posted at 08:54 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月20日

主役は誰だ

映画・テレビ

そういえば、更新を休んでいたあいだに一度、「そうだ、近日中に2002年で更新がストップしている金城ページを再構成するつもりなんだった、そのためにはまず、初心に返って金城映画を観るのだ!」と思い立ち、そして「この暑さだから、まずは涼しげなシーンがたくさんある『人魚伝説』かねー」とDVDを再生し……そしていつのまにか、「やっぱりイーキン・チェンは可愛いねー♪」とか言いながら『東京攻略』に見入っていました。あれれれれ? 駄目じゃん!

わーん、今でもちゃんと金城ファンなんだよー。愛はあるんだよー、愛は(だったらせめて、2003年以降の作品リストの更新くらいしようよ>私)。

『東京攻略』と言えば、ちょっと前のニュースですが、続編『韓国攻略』が出ることになったんですね。韓国って、全アジア的にブームなのか? そして前作から引き続きメイン・キャラとして出るのがトニー・レオンのみってことは、『攻略』シリーズの主役は、トニー・レオンだったのか……?

ふん、いーんだ、いーんだ。私の心の中でだけは、今でも『東京攻略』の主役はイーキンさ。

……『パイレーツ・オブ・カリビアン』でジョニー・デップがアカデミー主演男優賞にノミネートされたあとになっても、かたくなに「あの映画の主役はオーランドくんだ!」と主張している私の言うことなので、他者に対する説得力は皆無ですが。

でもさ、たしかに『東京攻略』のトニー・レオンも、『パイレーツ……』のジョニー・デップも、ほかの人たちをかすませるようにして光り輝いていましたが、ああいうポジションの登場人物っていうのは、普通は主人公ではなく「狂言回し」って言うんじゃないのか。現に、最終的にヒロインとくっついた(あるいは、くっつく気配を見せた)のは、オーランドくんでありイーキンだったではないか。

あ、狂言回しだからこそ『スターウォーズ』のR2-D2やC3-POのように、シリーズ通じて登場するのか。そう思っておこうっと。

Posted at 23:04 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月21日

カネシロ記念日

映画・テレビ

というわけで、変な時間に目もさめてしまったことだし、「今度こそ本当に本当に、金城ファンとしての初心に帰るのだ!」と、朝っぱらからDVDで『恋する惑星』を観ていましたよ。決して、『東京攻略』を見たらトニー・レオンかっこいいなあと思ったから……なんてことは……げふげふ。

忘れもしない1995年の8月21日、「親の命日」という名目で職場の「メモリアル休暇」制度を利用して仕事を休んだ私は、大阪・梅田LOFTの地下にあるミニシアターでこの映画に、ウォン・カーウァイに、そして金城武に出会ったのでした。親の命日に何やってたんでしょうか私は。って、今年もだよ!

うーん、金城くんは現在のほうが断然かっこいいし、このお話の4人の主役たちの中では金城が一番「格が下」という印象(事実、そうです)なんだけど、映画として一番好きな金城出演作品は、今でもこれかも。もう、どこをどう切り取っても好きなシーンばかりだ……と、久々に観ても思う。

ちゃんと感想書いて、今度こそ金城コーナーを更新しよう。

Posted at 06:37 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

『イニD』、実写映画化なんですね?

映画・テレビ

昼頃にテレビ朝日で放送されていた、1週間後に公開予定の金城映画『LOVERS』の特集番組を見てから(正確には、早起きしすぎて眠くなったので、ごろごろだらだらうとうとしていたら、同居人A氏に叩き起こされてテレビの前に座らされたわけですが――いや、感謝してますよ、はい)、リアル書店に行って、金城インタビューの載っている雑誌を何冊かチェック。

ようやく、2年ぶりの主演映画日本公開に向けて気持ちが盛り上がってきたなあ(遅い?)。でもやっぱり、『LOVERS』関連記事の隅っこにちょこっと載ってる、秋に公開予定の現代モノ金城映画『ターンレフト ターンライト』のスティル写真のほうが、断然、個人的な「萌え」度は高い。

ところで、しばらくあんまり熱心に映画関連の情報収集をしてなかったので、すっかり見落としていたんですが、金城目当てで買ってきた今月の『キネマ旬報』を見ていて、ぶっとびました。

しげの秀一の『頭文字(イニシャル)D』が、香港映画になるんですね!? 主役を演じるのは、台湾のポップスシンガー周杰倫(ジェイ・チョウ)!? 相手役は鈴木杏で、俳優はそれぞれ自分の母国語で演技して、セリフは公開国に合わせて吹き替え音声!? うーん、仕上がりの想像がつかん。

しかも、香港映画だけど、原作どおり舞台は日本なんですね? 写真を見たら、「藤原とうふ店」って日本語で書いてあるよー。ってことは、ジェイ・チョウは日本人として演技するんですね!?

ジェイ・チョウっていうと、カンフー好きでジェット・リーと共演したいと自ら語っていたとか、ウォン・カーウァイ監督が「使ってみたい」と言及していたとかって記事を以前読んでたので、なんとなく、もし彼がいつか映画に進出するとしたら……というイメージを勝手に作り上げちゃってたとこがあって、正直、どびっくりでした。ふーん、ふーん、ふーん……初映画は『イニD』ですかー。いや、私はこの原作の漫画はそんなに知らないので、特に思い入れはないんですが。しげの秀一というと、今でもとっさに『バリバリ伝説』が思い浮かぶ世代ですよ(雑誌連載当時、リアルタイムで追っかけててめっちゃハマってました>バリ伝。でも秀吉くんが死んじゃった頃から、徐々に醒めました)。

まあ、日本の漫画が原作で、出演者に鈴木杏がいて、となれば当然、日本でも公開されるよね。それに伴ってジェイ・チョウの日本での知名度が上がって、本業のCDが、も少し入手しやすくなるのなら、それはそれで嬉しい(友達におすすめされて買ったりプレゼントされたりしたアルバムを時々聴いてますが、けっこういいかんじです)。

Posted at 22:46 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

Henry Weinhard's Private Reserve

ビールラベル

henry.jpg

吉祥寺のVillage Vanguard Dinerで。

アメリカのビール。同居人A氏は、アメリカのビールならメニュー上で並んでいたBrooklyn Lagerのほうが美味しいのにとブツブツうるさかったが(自分はBrooklyn頼んだんだから、いいじゃんかよー)、私はけっこう好き。

hervey.jpg

ついでにこっちの写真も載せておこう。映画『アメリカン・スプレンダー』とタイアップしている期間限定商品、主人公の名前をとった「ハービー・ピーカーズ・バーガー」。ビーフパテ以外で挟んであるのは、モッツァレラチーズ、ベーコン、トマト、タマネギ、レタス、サルサソース。

ご覧のとおり、かなりのボリュームで、店員さんが「右側のパンを上にかぶせてお召し上がりください」と言うし、バーガーを手で持つときに使う専用の紙袋も備え付けてあったので、途中までは頑張ってかぶりついてみましたが、結局ギブアップして、イギリスの婆さんのように(イメージですよ、イメージ)、フォークとナイフで分解しながら食しました。こういうのをカッコよく食べるの、下手なんだよねえ。

あ、そうだ、伸たまき改め獸木野生の『PALM』シリーズに出てくるシド・キャロル先生も、こんなバーガーならきっとフォークとナイフで食べると思うな(それとも、ストーリーの途中で恋愛成就して生まれ変わった彼女なら、バーガーだって思い切りよくパクついてしまうのだろうか?)。

Posted at 23:38 | 個別リンク用URL | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月23日

『名探偵登場』

映画・テレビ

さっきまでNHK BS2の衛星映画劇場でニール・サイモン脚本、ピーター・フォーク主演のパロディ・ミステリ映画『名探偵登場』(Murder by Death, 1976年)を見ていたんですが、これ、青山剛昌『名探偵コナン』の「黄昏の館」編(コミックス30巻の、怪盗キッドとか白馬探くんとか出てくるやつ)の元ネタなんだね? 見ていて「うわー、うわー、うわー、『黄昏の館』って、あからさまにそのまんまだったんじゃーん」ってシーンがたくさんあって、じたばたしてました(笑)。

映画そのものは「へなへな」と脱力するような笑いを追及したお話なんですが、『コナン』は、すっごくうまくこの枠組みを使って青山ワールドらしい楽しい推理モノに仕立て上げてたんだなあ、というようなところで妙に感動。映画をもともと知ってた人なら、最初にマンガを読んだとき、さぞかしウケたことであろうと思って、非常に悔しかった。

Posted at 22:37 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月25日

デリリウム・ノクトルム(Delirium Nocturnum)

ビールラベル

delirium_n.jpg

我が家では「ピンク象さん」と呼ばれているベルギーのデリリウム醸造所が、創立10周年を記念して造ったビールだそうです。Nocturnumは「夜」の意。

delirium_t.jpg

普段飲んでいるデリリウム・トレメンス(Delirium Tremens)のラベル(右)では、隅っこに小さく描かれているだけの象さんマークが、ノクトルムではどどーんと中心にいて嬉しい。

いずれにせよアルコール度数は高め(9%)なので、うっかり普通のビールのように飲んでいると、あとで後悔します。ははは……。

Posted at 09:53 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月26日

ぎゃーっ

近況

Amazon.co.jpのショッピング・カートのデータが吹っ飛んだー!!

購入予定本というか、実質的には「気になる本」リスト、「お仕事の参考になるかもしれない本リスト」になってたのにー。これは、横着してよそんちのサーバに置いてあるデータに頼るな、という神様からのメッセージですかっ。

というわけで、半年ぶりにMovable Typeのログのバックアップを取りました(そんなに長いこと取ってなかったんか)。

Posted at 09:18 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月27日

夏向けビール2点

ビールラベル

bigwave.jpg

ハワイの「KONA」醸造所より。エールは、エールだけどかなりさっぱり。暑いとこで作ってるからかなあ。夏向き。栓抜きなしでも、手でひねって開けられます。「海辺のお供にしてね」ってことなんだろうか?

saisonregal.jpg

ベルギー・ビール。これもどっちかと言えばすっきり系。

Posted at 20:56 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月28日

『LOVERS』

映画・テレビ

Amazon.co.jp

原題は『十面埋伏』、英題が『HOUSE OF FLYING DAGGERS』、主演は金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウ。ちょっと前までは庶民の視点に即した文芸映画で知られてきたチャン・イーモウ監督が『HERO(英雄)』に続けて放つ、エンターテインメント武侠映画。(公式サイト

なんだかんだとテンション低いようなことを言っておきながら、初日の朝から観て来ましたよ。

すみません、事前にぐだぐだ言って……。もともとの期待値がかなり低かったからというのもあるかもしれませんけれど、予想してたよりずっとよかった。とりあえず、文化の華やかな唐の時代のお話なので、映像は『HERO』のときにも増して美しく絢爛豪華。大画面で見る価値ありだと思いました。特にチャン・ツィイーの舞踊シーンが、おそろしい迫力です。

武侠モノではありますが、観たあとの印象だと、アクション映画というよりも、主役3人の関係性に焦点を当てた恋愛映画として作られたかんじです。ただ、その恋愛部分は、さほど深く描かれてはいない。それぞれが、自分の正体を偽りながら相手に接しているというストーリーなので、2時間のあいだには、さまざまなどんでん返しがあるわけですが、それも含めて、陳腐と言えば陳腐かもしれません。

でも、要するに「様式美」の世界なのかなー、と。

公開前のインタビューなどで、金城武はしきりに、「監督からは『どの瞬間に、何を境目に、ヒロインへの愛情が芽生えたのか』というのが観ている者には分からないように演じる」ことを要求されたと言ってました。

今のこのシーンでは、まだ双方とも「フリ」かもしれない、でももしかしたら、もう「本気」かもしれない、でもやっぱり……と、観客は揺れ動く。生死を賭するような状況を共に潜り抜けてさえ、まだ「本物」の感情かどうかは、はっきりしない。でも気付いたら、理由は誰にも分からないうちに、どっぷりはまっていて、最後には、ああいう結末を迎えてしまう。

だから、感情移入はできない。主役たちに対する、観客の視点は、すごく遠くならざるを得ない。美しい絵巻物を、ぼうっと鑑賞しているかんじ。それがかえって、私には面白かった。

金城くんは、身分を偽ってヒロインに近づいていくのですが、それでも主役3人の中では一番、単純で青臭い役どころですね。むしろ、「偽り」の部分があるために、斜に構えていても透けて見える「青さ」、「純粋さ」が引き立って、魅力に転じているような。こういうのって、金城くんの従来のイメージの延長線ではある。そういう意味では、意外性はないです。意外性なんか別に求めちゃいませんが。持ち味をちゃんと生かしてもらってよかったね、という気持ちです。

それと、あらためて思ったのは、去年の『HERO』のときは「いくらファンでも画面にリンチェイさまが出てれば納得するってわけじゃないんだぞっ、チャン・イーモウ!!」と心の中で叫んでいたくせに、金城くんだと画面に出ているだけでオッケーかもしれないよ、私……。

Posted at 17:20 | 個別リンク用URL | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月29日

『LOVERS外伝』

映画・テレビ

映画『LOVERS』のメイキングDVD。【Amazon.co.jp】

劇場で映画を観て来た勢いで、メイキングも見てみました。しかしこのDVDの「もうひとつの“愛”の軌跡」というサブタイトル、どうにかならんのか。

『HERO』のときのメイキングは、「役者編」と「技術者編」の2枚組だったんですが、今回はそういうふうにはしないのねー(もしかして不評だった?)。

金城ファン的には、撮影中に疾走する馬から落ちて靭帯が切れてしまった金城のエピソードに反応せねばならないのかもしれんが(いやはや、たしかに大変だったけど、もっと壮絶な命にかかわる大惨事にならなくて本当によかったよ)、ひととおり見て、一番興味深かったのは、チャン・イーモウ監督の脳内に最初にあった作品の全体像と、実際に仕上がったものとのギャップ。

SARSの影響でビザが下りず、ロケ地であるウクライナをなかなか見に行けなかったり。やっと行ってみれば、色とりどりの一面の花畑となるはずだったところに花が咲いておらず、白い野菊ばかりの渋い水墨画のような草原で撮影することになったり。10月だというのに例年にない大雪が降って昨日まで撮影していたところが、あっという間に雪原になってしまったり。

そこにたたずんでいるだけで強烈な存在感を放ってくれるはずだった名女優アニタ・ムイが、ロケ地入り予定日まであと数日というときに、41歳の若さで亡くなってしまったり。

臨機応変に、できるかぎりのものを生み出していく手腕はたしかにすごいが、最初に考えられていたようなシーンも、観てみたかったなあ。

しかしなー。苦肉の策として、花畑での死闘が最終的に雪原での死闘に変更されたのは分かるとして。倒れたチャン・ツィイーを撮るのに、スタッフが彼女を風吹きすさぶ本物の雪原で、本物の雪の中にせっせと埋めていたのには驚いた。凍るぞ。

『ロード・オブ・ザ・リング』の雪山のシーンなんかだと、かなりの部分をセットで偽物の雪を使って撮ってるみたいだったんですが。アジア圏の役者さんって、相当な体力と根性がないとやってらんないね。チャン・ツィイーなんて、あんなにほっそりと華奢なのにさ。

Posted at 16:25 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

『LOVERS』(小説版)

読了本 | 書籍・雑誌 | 映画・テレビ

李馮(著)、千夜ハルコ(翻訳)。角川文庫2004年8月。【Amazon.co.jp】

映画本編を観てメイキングを観て、さらには小説版まで読んでますよ。観る前はすんごくテンション低かったのに、なんかいきなりハマってますよ。

いつもなら、映画のノベライズなんてわざわざ読まないんですが(原作付きの映画じゃなければ、映画のほうがオリジナルなわけだし)、今回は映画と小説版でかなり内容が違うらしかったので、ちょっと興味を引かれました。作者は本職の小説家で、映画の脚本にも参加した人。

これも、意外なくらい面白かった。映画よりもずっと入り組んでて。映画を観ていると、やはり主役は金城くんかなー、と思うんですが、小説では一貫して、アンディ・ラウが演じていた劉(リウ)視点の一人称。映画でもかなり裏表のあるキャラだった劉が、さらに複雑な人物になってます。映画よりも、さらに哀れを誘う面も。

でも、惜しいなあ。小説版はアニタ・ムイが亡くなった時点でボツになった設定で書かれているそうなんだけど、絶対、アニタ・ムイがやるはずだった「大姐(タージエ)」という登場人物がいたほうが、面白い。一方にこの「大姐」がいて、もう一方にチャン・ツィイー演じる「小妹(シャオメイ)」がいる、というほうが断然いい。

あと、大姐がいなくなった(というか、重要度の低い登場人物に格下げされた)ことで、アンディ・ラウの見せ場もかなり減ったんだなあ、ということが分かる。惜しいわー。

追記:翻訳者のプロフィールを見てたら、別ペンネームが「浦川とめ」さんとのことで、どっかで聞いたような、と思ったら、この方なんですね。なるほど……。

Posted at 21:01 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月30日

Marathon Beer

ビールラベル

marathon.jpg

ギリシャのビール、「マラソン」。味は特にどうということもないのだが(ラガー系に思い入れないので)、オリンピック記念(笑)。

もう終盤だけど、結局、全然テレビ見なかったなあ。同居人A氏はこれから男子マラソンを見るそうです。私はもう寝るよ、お休みなさい……。

Posted at 00:04 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月31日

ところ変われば

映画・テレビ

自分で映画を観るまでは、なるべく見ないようにしようと思っていた『LOVERS』関連の文章を、仕事の合間にネット上で漁っています。当たり前だけど、人の考えることは色々だなあ。

それにしてもですね。そりゃあ、私も散々、もういい大人になった金城武のことを「金城くん」呼ばわりしているので、言う資格ないかもですけどね。でも『TIME』アジア版8月9日付のこの記事はないんじゃないか。

10月には31歳になる人をつかまえて、"Taiwan-Japanese pinup boy" っていう紹介の仕方をしますか。ピンナップ・ボーイって!

署名を見るかぎりでは、執筆者は西洋人のようですが、欧米の人の目には、はたしてカネシロは、何歳くらいに見えてるんだろう?

この記事は、アンディ・ラウのことも「香港のポップ・アイドル」としか紹介してなくて、なんかこう、そこはかとない悪意を感じないでもない。ヒロイン役のチャン・ツィイーと違って、相手役をつとめる2人は「俳優」じゃない……と、遠回しに言われているような。むむむむ。

ところで、この映画の情報を探していると、チャン・イーモウつながりで、最近になってようやくアメリカ公開が実現した、同じ監督の『HERO』のニュースなんかも目に入ってしまうわけで。アメリカでの予告編、初めて見たんだけど、これ、ひどいなー。まったく別の映画みたいだよ!

李連杰(ジェット・リー)ファンを自称する私でさえ、『HERO』で一番上にクレジットされてしかるべきなのは、トニー・レオンとマギー・チャンだよね、と思うような作品なのに、そして決してクンフー・アクションでスカッと気分爽快ってかんじの映画じゃないのに、この予告編を見てたら、まるで李連杰がたった一人で悪いやつらをバッタバッタと倒していく映画みたいだ。アメリカ国内での知名度が、トニー・レオンとジェット・リーじゃ全然違うってことは、分かりますが、やっぱり、ひどい。

まあ、日本だって、サモ・ハン・キンポー主演の『死角都市・香港』を「金城武主演!」とか言って出してるし、アメリカだけが悪いんじゃないですが(←と、自分を納得させようとしている)。

Posted at 23:42 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | 最近 | 2004年9月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.