« ようしょうのようほう | 最近 | およそ5千円 »

2004年9月15日

タイミングよすぎ

言葉

「ようしょうのようほう」の続報です。しつこくてすみません。

たった今、高島俊男先生の「お言葉ですが…」シリーズ2冊目(リンク先は文庫だけど、私が読んでいるのは図書館で借りたハードカバー版)の中に、こんな記述を発見しました。

実はまったく同じことを、わたしの幼少時からの友人が知らせてくれた。

ここでの「わたし」は、高島先生ご本人です。もういいよ。負けを認めるよ。ぐすんぐすん。旅に出ます探さないでください。

しかし往生際が悪いようではあるが、最初に取り上げたとき、「偉い人限定」とは思わずとも、少なくとも「自分の幼い頃」を表すのには「幼少」という言葉を使わないという意見の人は私以外にもいらっしゃったので、この感覚がどこから発しているのかは、できれば知りたいものである。

Posted at 2004年9月15日 22:00



All texts written by NARANO, Naomi. HOME