« およそ5千円 | 最近 | 『薔薇の名前』初DVD化 »

2004年9月19日

Empire of Dreams

映画・テレビ

18日に、The History Channel Japanで特別番組「エンパイア・オブ・ドリームス〜スター・ウォーズ トリロジーの世界」(←この番組サイトは、いつまで置いてあるんだろう?)を観た。

やあやあやあ、これはまさしく、9月23日発売のDVDボックスを買わせようという戦略的放送に違いない。私、今「スター・ウォーズ」シリーズ観たくってたまらないもの。

1作目が登場した1977年当時から順を追って、製作過程を紹介しつつ、ジョージ・ルーカスをはじめとするさまざまな当時のスタッフやキャストが、自分の立場からコメントを寄せていました。今のSFX技術ならあっさり実現しそうなことが、70年代にはどんなに大変なことだったか。そもそも、いかにああいったスペースオペラ的な映画に対して、世間や映画会社の理解がなかったか。そこを、いかにジョージ・ルーカスが頑張ってすべてを実現させたか。音楽に管弦楽団を使うことですら「冒険」だったなんて!

数年前、映画『ロード・オブ・ザ・リング』が世に出たとき、トールキンの原作小説を知らない人たちの中に、このストーリー構造の原点は『スター・ウォーズ』だ――というようなことを言ってる人がいたりして、正直、私はあまりいい気持ちがしませんでした。「トールキンのほうが先達なんだよ!」と。

しかしこの番組を観てたら、少なくとも「SFXを駆使してスケールの大きな大長編映画を作りあげる」ということに関して、何もなかったところに道を切り開いたのは、ジョージ・ルーカスだよなあ、と改めてしみじみと納得しましたわ。

私個人は、実は最初の「スター・ウォーズ」ブームのときには、まるっきり感心を抱くことなく終わってしまいました。小学1年生だったし。親が興味なければ、観に行くわけもないし。

初めて第1作を観たのは、日本帰国直後の81年に、吹き替えでテレビ放映されたときだと思います。なぜアメリカにいるあいだには一度も観なかったんだろう。とにかくもう、めっちゃくちゃ面白くって、わくわくどきどきして、観終わったあと、そこいらじゅうを走り回りたくなりました。ルークの声が水島裕だったことを覚えています(すごく合ってたと思うんだけどなあ。その後、出たやつでは別の人だよね?)。しかし、洋画を見ながら声優をチェックしている小学5年生ってどうよ。

それから何回も、テレビやビデオで、1作目から3作目(エピソード4〜6)を観ました。そしてやっぱり、何回目でもわくわくしました。今でも、1999年から作られているエピソード1に始まるアナキン・スカイウォーカーの物語より、ルーク・スカイウォーカーが主人公の古いシリーズのほうが、強烈にインパクトあるように感じます。映画館の大画面で観たのは、1997年の、最新技術で修正を施されたスペシャル・エディションが初めてなので、いくぶん記憶は上書きされてるかもしれないけど。子供返りしちゃうのかしらん。頭では、新しいほうがずっといろんな面で洗練されている、と思うのに、やっぱり、わくわくするのは旧シリーズなんだなあ。

ああ、なんだか、買ってしまいそうだよ>DVDボックス。

Posted at 2004年9月19日 22:58

コメント

うちの小学5年生も、アニメ見ながら声優チェックしてますことよ。
夏休み、実家のBSで洋画見まくって、洋画にもひとかたならぬ
興味をしめしています。ま、どっちに転んでも「ヲタク」ですわ。

それにしても、ハリソン・フォードが若かったのにはびっくり、って当たり前か。

投稿者 どら : 2004年9月22日 02:40



どらさんちの息子さんは、ハマるとどんどん細かいところまで突き詰めそうなイメージあります。だって、どらさんのお子さんだから。そりゃ声優だってチェックするでしょう。でもこれからの世の中はきっと、ヲタクな人のほうが楽しいよ(それは自分を正当化しているのか>私)。

ハリソン・フォードは今でもいろんなのに出てるから、若い頃の顔を見るとしみじみしますよねー。私が見たこの特別番組によると、最初はキャスティング候補に入ってなくて、「オーディションに来た人の相手役をする係」として雇われてたらしいです。でも彼になってよかったよかった。

投稿者 ならの : 2004年9月22日 16:59



こんにちは。ご無沙汰しております。
SWネタでつい、うっかり。レイア姫は島本須美でしたよね。
先ほど、7月から予約していたBOXが届きまして、頬摺り寄せたりしております。ジャケもマニア心くすぐりまくりです。
ちなみに、声優は初期のものではなかったです。私も水島裕と島本須美と村井国夫で聞きたいです。あと、また映像に手が入ってるとか入ってないとか。噂ですが。
ハリソンはアレですね、インディ・ジョーンズも偶然だったとかいう話ですよね、確か。

投稿者 ゆっきぃ : 2004年9月23日 12:20



ゆっきぃさん、こんばんは。お久しぶりです。おお、予約しておられたのですね。うちは朝から買いに行ってきました(笑)。あのジャケ、素敵ですよねー。

ハリソン・フォードって、インディ・ジョーンズに決まったのも偶然だったんですか。知らなかった。運が良いのも才能ってことかしら。

先ほど、ついついぶっ続けで3作全部を観てしまってさすがに疲れました。明日、ちゃんと日常生活に戻れるんだろうか……。

噂のラストの「差し替え」シーンも確認しました。うーーーむ。なんか意味もなく笑っちゃったよ。でもやっぱりSW好きだー!

投稿者 ならの : 2004年9月23日 21:12



うちにはもう届きましたよ、DVD箱(ぼそっ)

投稿者 ぱと : 2004年9月24日 16:50



あ、やっぱり、ぱとさんちも購入なさってましたかー。

投稿者 ならの : 2004年9月25日 00:22





All texts written by NARANO, Naomi. HOME