« 看板に偽りあり | 最近 | 『インファナル・アフェア 無間序曲』 »

2004年9月26日

もしもエルフに出会ったら

書籍・雑誌

なんだか不思議な本を買ってしまいましたよ。伊藤盡『「指輪物語」エルフ語を読む』(青春出版社)【Amazon.co.jp】

映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の日本語吹き替え版で「エルフ語監修」者としてクレジットされていた方による、トールキン作品におけるエルフ語の入門書。

まだ全部読んでませんが、文法解説、発音、文字の書き方などなど、浅く広くひととおり載ってるみたいです。エルフ語会話の章には顔を合わせたときの挨拶や自己紹介、さらには「お住まいはどちらですか」、「私はエルフ語をうまく話せません」なんていう例文も載っていて、なかなか実用的? これを覚えておけばもう外出先でばったりエルフに会っても大丈夫。ほんとか。

面白いのは、映画版の翻訳に関わった人が著者であるだけに、原作に出て来ない映画オリジナルのセリフや、エンヤが歌っていたテーマソングの歌詞に入っているエルフ語にも言及がなされている点。

映画の公開が終わってしまった今の時期に、こういう本を出す人がいて、こういう本を買う人(私もだ)がいるのは、心強いことだなあ。それにしても、一番意外だったのは、版元が青春出版社だっていうこと。なんか、すごーくイメージ違うような気が。

……と、思ったんだけど、実はハリポタ本なんかも出してるのね>青春出版社。

Posted at 2004年9月26日 22:44



All texts written by NARANO, Naomi. HOME