« 2004年9月 | 最近 | 2004年11月 »

2004年10月 1日

『Needing You(孤男寡女)』

映画・テレビ

2000年の香港映画。日本公開は2001年(日本語公式サイト)。監督ジョニー・トー、主演アンディ・ラウ、サミー・チェン。【Amazon.co.jp】

DVDで。先日はあえなく挫折した「今まで見逃していたアンディ・ラウ映画を鑑賞しよう」プロジェクトですが、気を取り直して、まずはあんまり「濃く」なさそうなところから。

「OLとその上司」が主役の、ほわほわとしたラブコメ。ヒロインの「キンキー(サミー・チェン)が、すんごく可愛い。くるくると表情が変わって。感情が昂ぶると素っ頓狂なことをしでかしてしまう大ボケ娘、真面目ではあるけど要領が悪く仕事をバリバリこなせるわけでもなく、大して美人でもなく、特に人気者でもない……という役どころなので、けっこう野暮ったいというか、どよーんとした顔もあるんですが、それがまた、いじらしい。そこからパッと表情が輝いたときのギャップが鮮やか。

しかしまあ、ラブコメのヒロインのお嬢さんが可愛いのは、これはもう当然ではありますね。というわけで、やはりここは、「相手役のアンディ・ラウまで可愛い」という点を強調しておくべきでしょう。ひゃー、びっくりした。

いや、『インファナル・アフェア』を観たとき、アンディ・ラウってスーツ似合うなあ……と感心したので、DVDパッケージのスティル写真を見てスーツつながりで選んだ作品だったんですけど。『インファナル』と打って変わって、このアンディは、ただちょっと脚が長くて顔が整ってるだけの(笑)、普通の人でした。いや、現実にはなかなか、いませんけどね、こんなかっこいい「普通のサラリーマン」は。この人って、若かった頃より、40代の今のほうが(多分これを撮ったときはまだギリギリ30代だけど)、颯爽としたシャープな外見になってるような気がする。

仕事はきっちりこなしても、人間関係の作り方は不器用で。やさしいところもあるけれど決して「できた」人間ではなくて。けっこうセコくて小物で。それがこんなにも新鮮に映るのは、演じているのがあのアンディ・ラウだからなんだろうなあ。本人や製作側も、それを承知しているようなかんじがする。とりたてて「コメディ」の演技をしなくても、淡々と普通に一般人の生活感をにじみ出させているだけで、アンディがアンディであるがゆえに、充分に可笑しいのだ、と。作中で、アンディ・ラウ主演のシリアス作品のパロディなんかもやってるし。

物語の前半では、隙のないビジネスマンとして、至らない部下のキンキーを半ば忌々しく、半ば「自分がフォローしてやらねば大変なことに」という思いで見ているアンディが、後半で自分の気持ちを自覚し始めたとたん、言動がちぐはぐになって、前半のキンキーと似たり寄ったりの自棄っぱち状態になっていくのが苦々しくも微笑ましい。でもでもでも、同時にかっこいいんだー。たとえピンクのゴム手袋をはめた手にトイレ掃除用のブラシを持っていても。不思議。やー、こんなかっこよく可愛らしい40歳(およそ)がいていいんだろうか。

ラブコメなんていうのはですね、結末は最初から見えているわけで。そうすると、主役の2人をどれだけ好きになれるかが、楽しめるか楽しめないかの明暗を分けちゃうわけで。そういう意味では、非常に楽しめましたよ。

ストーリーも、リアルなところと「コメディだから許すけどさ!」って荒唐無稽なところがほどよく混じって、テンポよく。ハリウッド系の恋愛モノよりも入り込みやすいかんじがするのは、やはり外国とはいえ、アジアが舞台だから? 私らの感覚ではゲテモノ系に分類されるような食べ物がエピソードに使われるのは、中華圏ならではだな。

えーと、実はこれ、もうすぐ封切りの金城武主演ラブコメ映画と同じ監督さんなんですわ。ラブコメだとこういう作風なのか。これはこれは、金城映画もすごく楽しみになってきました(いや、金城ファンとしてはもとから楽しみだけど!)。

Posted at 10:04 | 個別リンク用URL | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年10月 2日

『ガーフィールド』

映画・テレビ

2004年のアメリカ映画。監督ピーター・ヒューイット。主演ビル・マーレイ(声のみ)、共演ブレッキン・メイヤー、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット。(公式サイト

1978年から新聞連載され、過去にアニメにもなっている人気ネコ漫画『Garfield』、初めての実写(?)映画化。

最寄の映画館では吹き替え版しかやってないので、新宿まで行ってきました。東京では9つの劇場で上映されてるんだけど、字幕版を観ることができるのは、たったの3館なのだ。これっていったい、どういうわけだ? お子様向けの映画って、いつもこんなかんじだったっけ?

しかし実際に映画を観て、ちょっと納得しました。ものすごーく、主役ガーフィールド(声:ビル・マーレイ)の「しゃべくり」に依存した作品なのだ。皮肉っぽいガーフィールドのキャラがよく出た可笑しい言い回しや弾丸トークに、字幕が全然、追いついてない。おまけに、ただでさえ「○秒あたり×文字」という字数制限がきついのが字幕翻訳なのに、主役の名前「ガーフィールド」だけで7文字も消費しちゃうんだから、翻訳者泣かせだよね。苦肉の策なのか、途中からガーフィールドは「ガー君」になっちゃってましたが。これはたしかに、英語を聞き取る気がなければ、割り切って吹き替え版を観たほうがいいかもしれないなあ。というか、吹き替え版でどういう訳をつけてそれをどう表現しているのか、俄然興味が湧いてきましたよ。

ガーフィールドのみオールCGで、ほかの登場人物や登場動物は、基本的に実写。犬のオーディのダンスとか、ご近所猫のおしゃべりとか、どうしてるのかなー。『ベイブ』みたいなアニマトロクス?

「ガー君」のCGは、なかなか芸が細かくて質感もちゃんとあって素敵でした。本物の猫なら絶対にやるはずないような行動を、いかにも猫っぽい動きでやってくれます。

映画そのものの出来は、それなり。話が動き始めるまでの、導入部分が、ちょっとガチャガチャした印象で、しんどかった。それと、ガーフィールドが「健気ないい猫」過ぎるのが、ちょっと。吹き替えでガーフィールド役をやった藤井隆が、公式サイトに掲載されてるインタビューで、しきりに「ガーフィールドは本当は可愛いよい子」説を強調していますが、ワタシ的には、やっぱりガーフィールドは皮肉屋でブラックでワガママで、でもどっか単純でお馬鹿なところがいいんだよー。

まあ、とにかく、子供の頃から大好きだったガーフィールドがリアルに動き回っているのを見ただけで充分楽しかったので、よしとします。

Posted at 18:49 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

Liberaアルバム発売延期

音楽

映画を観に行った帰りに、HMVに寄ったんですが、そこでショックなことが……!

前々から楽しみにしていたリベラ(Libera)の新アルバム「free」(英国では9月末に発売だったはずなのに、Amazonでは10/5発売予定のアメリカ盤しか取り扱ってないみたい)、今まで国内盤には限定ボーナス・トラックが入っていたことを思い出して、輸入盤の購入をぐっと我慢していたですよ。日本でも10/20発売ってことになってたんで、それくらいなら待てるかなー、と思ったんです。

それが、HMVの新作コーナーに行ったら、「free」の輸入盤をずらっと並べたところに、「10月に予定されていた国内盤のリリースが、来年の来日に合わせて延期になりました」って書いてある! えええええっ!? 知らなかった! 公式サイトを見てみたら、たしかに、いつのまにか「ニュー・アルバム 2005年2月発売予定」ってことになってるよ! 10/20って話はどうなったの!?

なんだかなー。来日公演と新アルバムのリリースを同時期にぶつけて、話題性を高めよう、という意図は分かる。新規ファンを増やすのにも役立つかもしれない。

でも、だからって、今までのファンにこんな仕打ちを……! 試聴したら、ますます欲しくなってきたし、やっぱり輸入盤買っちゃうことになるのかなー。それで、国内盤にボーナス・トラックが入ってたら、また我慢できずにダブって買っちゃうのかなー。なんか、敵(って誰?)の思うツボってかんじで、すっきりしないなー。

あ、でもLiberaの皆さん、来日するのか!(←今、気付いた)

Posted at 18:51 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 3日

Diana Wynne Jones "Deep Secret"

読了本 | 書籍・雑誌

1997年の作品。私が読んだのはアメリカ版ペーパーバック(【Amazon.co.jp】だったんですが、「ハリー・ポッター」のようにアメリカ版とイギリス版で中身が違うというようなことはないようです(アメリカ版も単語の綴りや言葉遣いがイギリス英語でした)。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品を読んだのはこれが初めてでした。いやはや、なんと言いますか。ハチャメチャだねえ(←褒めてるつもり)。ほかの作品も、こんなんなんでしょうか? この本からダイアナ・ウィン・ジョーンズに入門したのは、果たして正しいことだったんでしょうか?

主人公(の一人)ルパートは、二十代半ばの眼鏡のお兄さん。職業、プログラマ。性格、真面目。しかし彼には、人には言えない秘密があった。彼は新米の "Magid"(地球担当)だったのだ。

Magidというのは、多次元宇宙の中に何人も存在し、各自が担当する世界の動向を見守り、魔法の均衡に気を配り、物事のなりゆきをあるべき側へと方向付けする任務を課せられた者。この度、新たなMagid見習いをスカウトする必要が生じ、候補者として指定されたのは、地球上の各地域に散らばる5人。しかし、ちょうど同時期、ルパートが掛け持ちで担当する別の世界Korfyros帝国でも、暗殺された皇帝の後継ぎ探しという厄介な問題が持ち上がっていた。

そんなこんなで、ルパートは自宅の東芝パソコンを魔法でKorfyros仕様に改造して後継者情報が入っているはずのディスクのプロテクトを外……そうとしたら、強烈なウィルスのせいでパソコン丸ごとどろどろに溶けてしまったり、Magid候補者を追いかけまわしてへろへろになったりと、悪戦苦闘の日々を送ります。そしてとうとうMagid候補者たちの運命の糸を操り、全員を同じ場所に強引に集めてしまうという非常手段に訴えてしまいます。ところがどうしたわけだか、予想外の要素がたくさん絡んできて、事態はますますめちゃくちゃに……。

一方、もう一人の主人公は、マリー・マロリー。獣医を目指す、ちょっぴり(?)ヘンクツな女子大生。本人の預かり知らぬことながらMagid候補の一人でしたが、ルパートの目から見て第一印象が最悪だったため、早々に除外されて……いたはずが、なぜだか彼女も運命の糸が絡まって、集結の地へと赴くことになりました。行ってみたら、二度と顔を見たくなかったルパートにばったり出会って、お互いびっくり仰天。物語は、ルパート視点の記述とマリー視点の記述が交互に登場する形で進みます。

この、Magid候補生がむりやり集められる場所っていうのが、「SF・ファンタジーのコンベンション」なんですよ。コスプレ集団だのSF作家だの、カタブツのルパートには何が何やらな人種がわんさかいます。会場となったホテルがまた、魔法的に特殊なスポットに建っており、怪しい輩の手で空間が歪んじゃったりして、常人には見えない次元で、さらにあれやこれやと混乱が。混迷を極めるSF大会のようすや、Magidが世界から世界へと移動していく描写、コンピュータに魔法の罠がしかけられているエピソードなどのディテールが楽しい。

とにかく、最初はあまりにも「ごった煮」的にいろんな要素が絡んだてんやわんや状態だったので、いったいどう収束するんだろうってかんじで、目を白黒させながら読んでました。ほんと、にぎやか。それでも、めげずに読み進むことができたのは、登場人物一人一人の面白さのおかげです。生真面目に仕事をこなすルパートの周囲にいるのは、どこか常識外れな人々(ヒトじゃないのも)ばかりで、それぞれがいい味出してます。でもやっぱり一番愛しいのは、状況が裏目裏目に出るのに焦りまくりながら、決して投げ出すことをせずに、とにもかくにも任務をこなそうとするルパートさんだなあ。

そして、目を白黒させながらも引き込まれて読んでいるうちに、なんだかパタパタパタ……と驚愕の事実がいくつも判明し、すべての伏線がつながって「え、え、え!?」ってかんじでした。やー、面白かった。

私たちが生活しているこの世界の均衡を魔法の次元で司る存在が……とかいうと、スーザン・クーパーの「闇の戦い」シリーズなんかを連想してしまいそうになるんですが、このお話のトーンは、苦い要素も含みつつ、あれよりずっと全体的に明るいかんじ。

続編の "The Merlin Conspiracy" は、『花の魔法、白のドラゴン』(徳間書店)として邦訳が出ているので、こっちも読んでみたい。

Posted at 18:57 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 5日

アレッドくん情報

音楽

掲示板で話題に出したら、アレッドくんページを更新し忘れていることを思い出しました。とりあえずこっちにメモ。

10/7発売の自伝本 "Aled Jones"
【Amazon.co.jp】【Amazon.co.uk】
うーむ、アレッドくんも、自伝を出すまでになりましたか。たしかに、面白い人生送ってそうだしな。詳しい内容紹介は、Amazon.co.ukのほうにしか載ってません。

11/29発売の新アルバム "The Christmas Album"
【Amazon.co.jp】【Amazon.co.uk】
タイトルで分かるとおりの、クリスマス曲集。子供時代にもクリスマス・アルバムを1枚出してるので("Christmas Star")、2枚目ですね。現時点での日本アマゾンのページにはジャケット写真がないので、上と同じく英国アマゾンにもリンクしておきます。

Posted at 21:31 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 8日

10月に観るかもしれない映画

映画・テレビ

ジャニーズ事務所が所属タレントの写真のネット上での公開に対して非常に神経質であることは、私ごときでも知っているほどの有名なお話で、主役を張ってるドラマの公式サイトですら写真を使えないため、キャスト紹介のページでも主役の顔のみぽっかりと抜けて寂しいことになっていたりするのが常なのですが、最近はもうすぐ公開の王家衛監督の新作映画「2046」関連で、出演者の一人である木村拓哉の写真を、たま〜にネット上でもお見かけするようになりましたよ。それも、ジャニーズの掟を知らない海外ファンの小さな個人サイトとかじゃなく、海外雑誌の公式サイトや、Internet Movie Databaseとかの大手サイトで。

さすがのジャニーズも海外法人のサイトにまで出張っていってクレームつけるほどのパワーがないのか、それともこれも契約の一部に入っているのか(指輪映画のキャストはたしか、「広報活動に協力する」という条件が契約に記載されてたんだよね?)。

映画そのもののサイトを見てみると(ヒマなんか?>私)、おおもとの公式サイトでは、木村さんの紹介ページの画像は頭部のシルエットのみ、日本公式サイトでは人物なしのイメージ写真、フランス公式サイトでは、あんまりはっきりとは顔の分からないピンぼけ写真、でした。ってことは、やっぱり正式には、今回も写真出さない方針なんだろうねえ。

噂では「2046」は今までの王家衛作品の集大成とかいうことなので、唯一見そびれている「ブエノスアイレス」なんかもチェックしておいたほうがいいんだろうか? とりあえず、かなり直接的にいろんな要素を継承してそうな「花様年華」(初見時の感想)は予習しておくつもりだけど。いや、そもそも私、この映画観に行けるんだろうか? 一週間違いで金城くんの映画も封切りだからなー。もし1本しか観に行く余裕がなければ、金城くんを取るよ、私は。それに王家衛映画は毎回、初めて観るときにはものすごい覚悟が要るから(なんの予備知識もなかった「恋する惑星」を除く)、気力が充実してないと無理かも。

ちなみに、先日から公開中の『マッスルモンク』は、ここのあらすじ紹介を読んでみたかぎりでは、アンディ・ラウ映画が観たいという気持ちが勢いづいている今のこの時期を逃がせば、きっと一生、見ることなく終わってしまうに違いないので、ほかの映画とはちょっと違う意味で心が揺れています。とってもトンデモなかんじなんですが、香港アカデミー賞もとい香港電影金像賞の、作品賞と脚本賞と主演男優賞を獲ってるんだよねえ。あ、これもジョニー・トー監督なのか。大画面と日本語字幕にこだわらなければ、英語字幕付きDVDが13ドル(割引条件に合致すれば9ドル)で買えちゃうしなー。

関係ないけど、Googleで「イニD 映画撮影」を検索したら10/8現在、当サイトの掲示板が上から9番目に出てくることに気付いて、なんとなくショック(笑)。

Posted at 09:18 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月15日

10月中旬における近況その他メモ

近況

●感想書きそびれ中の映画その1。『暗戦 デッドエンド』(1999年、香港。監督:ジョニー・トゥ、主演:アンディ・ラウ&ラウ・チンワン)DVDで鑑賞。93分と無駄なくコンパクトにまとめた脚本が洗練されていてかっこいい。アンディ・ラウの女装、あれはいかんでしょう。喉仏の隠れるワンピースにしてくれい。

●感想書きそびれ中の映画その2。『食神』(1996年、香港。監督、脚本、主演:チャウ・シンチー)先日チャンネルNECOで。周星馳の作品は初めて観ました。こんなにも馬鹿馬鹿しいことをこんなにも真剣にやってくれてる映画は久々です。公開当時すごくヒットしていた『少林サッカー』なんかも、こういうノリなんでしょうか。カレン・モクは偉大だなあ。

●感想書きそびれ中の映画その3。『無問題(モウマンタイ)』(1999年、香港/日本。監督:アルフレッド・チョン、主演:岡村隆史)これもチャンネルNECOで。サモ・ハン・キンポーの出番は一瞬だった……。予想していたアクションものではなく、思いっきり純情恋愛映画(ただしシモネタ系のギャグ連発)だったので、意表をつかれた。

字幕版を観たあと「吹き替え版のほうがよかったかも」という感想を抱いてしまった『ガーフィールド』なんですが、字幕版を観ていない人による、吹き替え版を酷評したレビューを発見。ということは、これって字幕でも吹き替えでも本来の楽しさを満喫できない、とっても可愛そうな映画? うひゃー。

●以前、チャン・イーモウ監督作品『HERO』のアメリカ版予告編はいただけない、という話を書きましたが、フランス版の予告はまた、全然違うねえ。ナレーションの内容は全然分からないけど、アメリカ版と比べれば雲泥の差。

●ついでに、同サイト内の『インファナル・アフェア』フランス語吹き替え版の紹介ページにもリンク。予告編のほか、けっこう長い抜粋動画もありますが、エリック・ツァンがぺらぺらフランス語を喋るのを見ていると、なんだか非常に不思議な気持ちになりました。

●某所で強力プッシュされていた、篠原美季の「英国妖異譚」シリーズ(講談社X文庫―ホワイトハート)1作目を読みました。なんとなく、小野不由美の「ゴーストハント」(悪霊)シリーズで主人公が男の子になったようなものを想像していたんだけど、そういうのともまた、ちょっと違うような。気になる部分もあるので、暇ができたら引き続き読んでみるつもり。普段、ホラーやミステリ系であればわりと抵抗なく少女向け小説(前述「ゴーストハント」とか、駒崎優の「足のない獅子」シリーズとか、井上ほのかとか)でも楽しんじゃう同居人A氏が、「これは駄目だった、途中からついていけなくなった」と言ってたのが、興味深かった。男の子(という年齢でもないが)を排除するような女の子限定の萌えツボみたいな部分は、たしかにあるかも。

Posted at 23:02 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月18日

Mort Subite Gueuze

ビールラベル

mortesubite.jpg

久々にビールメモ。
ベルギー国内でも特定地域にしか存在しない野生酵母を使用する「ランビック」と呼ばれるタイプのビール。自然な甘味と酸味がとても強い。

Posted at 22:51 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月20日

Liberty Ale (Anchor)

ビールラベル

liberty.jpg

米国アンカー社のビールは、とりあえずどれを飲んでも「ハズレがない」というかんじ。好きだなあ。

Posted at 22:46 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月21日

Furstenberg Premium Pilsener

ビールラベル

furstenberg.jpg

ドイツのビール。特に言うべき特徴も思いつかないのですが、某所のカルディコーヒーファームで「2本100円(賞味期限切れ間近なため)」だったのでついつい購入。普段の守備範囲外なので、この値段でなければきっと買ってないと思うけど、普通に美味しかった。1本50円と思うと嬉しさアップ。

ところで、毎日ビールラベル画像をアップしているからと言って、別に毎日飲んでいるわけではないんですよ。ほかのネタを文章化している余裕がないので、ストック画像を出してお茶を濁しているだけなんですよ。

そういえば、しもつまビールのラベル画像を出したとき、映画『下妻物語』の感想を後日書くと宣言していたんでしたね。えーと、今となってはいろいろと忘却しているし、多分DVDが出たらもう一度観るので、そのときにでも。つまり、DVD化を心待ちにするくらいには、面白かったということです。

Posted at 00:48 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月26日

10月下旬における近況その他メモ

近況

●地震被害を受けた地域の方々のところに、一日でも早く平穏な日々が戻ってくるよう、心からお祈り申し上げます。うちも、ずっと連絡が取れず気を揉んでいた相手がいたのですが、今朝ようやく、家の屋根がちょっとやられたけど家族は全員無事と判明して一安心。遠方に住んでいる身ではさしあたり何も具体的な手助けができず、非常にもどかしい思いです。

●篠原美季の「英国妖異譚」シリーズは、ちまちまと読み進めて、現在、第5巻の途中です。うーん、段々、引っかかる箇所が多くなってきて、やっぱり自分にはBL受け入れ体質はあまりないのかなあ、と思っていたんですが、違和感の正体はそれではないような気がしてきた。もともと、男女関係なく自覚のない総受け(←専門用語?)タイプの主人公にはあまり萌えないんだよっ。でもお話自体は面白かったりする。シリーズ途中からは現代のドルイドなんかも出てきて、かなり趣味。

●観たDVDその1:『痩身男女』。2001年、香港。主演アンディ・ラウ&サミー・チェン、監督ジョニー・トゥ&ワイ・カーファイ。本当はとってもスリムな主役コンビが、ハリウッドから技術者を呼んでの特殊メイクでぶくぶくおデブな着ぐるみ状態になって演じるラブコメディ。詳しい感想は後日。

●映画そのものとは関係ないところで気になったのは、付録のメイキング映像における、アンディ・ラウのインタビュー。『痩身男女』でアンディが演じる登場人物(香港から日本に渡ってきて商売をしているという設定)は、ヒロインに出会った最初の頃、かなり横柄な態度を取ります。彼女を追い払いたい一心で、わざとセクハラなこともしてみたり。それについてアンディは、彼が男性優位主義的で女性に対する言動がひどいのは、日本に住んでいるからだ、というふうなことを言ってるんですね。うーん、香港の男性(少なくとも、アンディ)から見た、「日本の男性」一般に対するイメージって、そうなの? いや、たしかに日本で「女」業をやってると色々あるけどさあ、よその国に全然そういうのがないってことはないよね? 日本人に対してそういうこと言えちゃうくらい、香港男性って、日本人と比べて全般的に女の人を尊重してるの?

●観たDVDその2:『マッスルモンク』。2003年、香港。主演アンディ・ラウ、監督ジョニー・トゥ&ワイ・カーファイ。結局、劇場公開中に観にいくことはできなかったので、英語字幕付きのDVDを買いました。アンディ・ラウ着ぐるみシリーズ(?)第2弾、今回はボディビルダー体型に。これも詳しい感想は後日。ウェブのあちこちで感想を読んで、頭がくらくらするような、ものすごいトンデモ作品を覚悟していたら、予想よりはずっとマトモな面白い映画だった――と思うのは、私が香港映画を見慣れてきているせい?

●昨日の「英語でしゃべらナイト」トニー・レオンのとこだけちらっと見てから寝ようと思ったのに、すんごい最後のほうじゃんかよー。香港はもちろん英国領だった過去があるわけですが、実際、英語ってどの程度、住民にとって身近なんだろう? 英語の映画には出たことのないトニー・レオンだけれど、中国大陸生まれでハリウッド進出を果たしたジェット・リーや、台湾に生まれてアメリカのインディーズ映画でミラ・ソルヴィーノと一緒に主役を張ったこともある金城武なんかより、ずっとずっとずーっと、きれいな英語を自然に喋っていた。

Posted at 11:32 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月27日

ヒエラルヒー?

ネット | もろもろ

ああ、なんかちょっと、すごいもの見てしまった気分。あのですね、サンリオの公式サイトのキャラクター紹介ページなんですけどね(なぜそんなところを覗いていたのかは内緒)。2004年登場の新キャラグループ「チャーミーキティ」ってご存知ですか? ペルシャ猫のチャーミーとハムスターのシュガー、2匹からなるユニットみたいなんですけどね。

“チャーミー”と“シュガー”。お名前通りチャーミングなふたりは
パパとダニエルからプレゼントされたキティのペットなの!!
まだ飼いはじめたばかりだけど、すっかりキティになついて、とってもなかよしよ♪

って。キティも猫じゃないのかっ!? ハムスターはともかく、猫が猫を飼うって、それ、いいのか!?

ミッキーマウスが犬をペットにしてるのもなんだかなあと思ってたけど、こっちのほうが、さらにびっくりだ。

ええと、あれですか、C. S. ルイスの「ナルニア」シリーズで、“物言うけものたち”が“物言わぬけものたち”を自分たちより一段低く見ているのと、おんなじようなものですか。

Posted at 22:19 | 個別リンク用URL | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年10月30日

『痩身男女(Love on a diet)』

映画・テレビ

2001年の香港映画。監督:ジョニー・トー&ワイ・カーファイ。主演:アンディ・ラウ&サミー・チェン。

香港版DVDで英語字幕を表示して観ました。

『Needing You』感想)で息ぴったりだったアンディとサミー(『インファナル・アフェア』でもカップルですね)が、今度はエディ・マーフィーの『ナッティ・プロフェッサー〜クランプ教授の場合〜』みたいな超肥満体に。ハリウッドから特殊メイクのスタッフを呼んだそうです。DVDの特典映像でメイキングが入ってたけど、めちゃくちゃ大変そう。二人とも、顔にもしっかりニセ脂肪を貼り付けられてまんまるなのに、ちゃんと微妙な表情の動きが分かるのだ。すごい。顔だけでも、普通に演技するより、ずっと筋肉使ってると思う。サミーはまだ、ストーリー内で段々と痩せてもとの面影が分かるようになっていくんだけど、アンディは、あの「鷲鼻」と「目」がなければ、ぜーったい、誰だか分かんないって! よくこんな仕事、受けたなあ。でも、楽しそうにやってる。

最初から最後まで、舞台は日本。そういえば、『東京攻略』がはこれの前年。香港で日本に対する関心が高まっていた時期だったのか。日本語のセリフも、すごく多い。

10年前はスレンダー美女だったのに、日本人の恋人と離れ離れになった寂しさで過食症になり、丸々と肥えてしまったミニ・モウ。出世して人気ピアニストとなったかつての恋人のコンサート・ツアーにお金を使い果たして、無一文で途方にくれているところを、負けず劣らずの肥満体である香港人の肥■〔人偏に「老」〕(英語字幕では "Fatso")に同郷のよしみで助けてもらい、一時はデブでも美味しいもの食べて楽しく生きていこうと前向きになりかけます。しかし元恋人が実はまだ自分を忘れておらず、再会を望んでいると知って、いきなり元の姿を取り戻そうと過激なダイエットに挑戦――みたいな話。

この映画のアンディの役柄、考えてみたら、謎が多いんです。サミー演じる「ミニ」の過食症については、恋人と離れたストレスという理由が提示されていますが、アンディがなぜ、強迫観念のように常に何かをもぐもぐやらずにいられないのかってことは、まったく説明されていません。この人も、過去につらい経験が? いつ香港から日本に移住したんでしょう? なぜ、どこにも定住せず、あの黄色い自動車で行商をするようになったんでしょう? 横浜中華街の友人たちとは、香港時代からの知り合い? それとも日本に来てから? その謎の多さが、「実は奥深いキャラなんじゃないか?」と思わせる魅力になっている。しかもこの彼、結局最後の最後まで、本名が判明しません。献身的にサポートしてあげたヒロインに「本当の名前は?」と尋ねられてさえ、「呼び名なんて“デブ(Fatso)”でいいんだよ」と言い残して去っていく。本当はすっごく「やせ我慢」なんだけど。かっこいいぜ。美学だぜ。

中国語ではなんて言ってたのか、分からないんですが、英語字幕で、何度も「worth(価値)」という単語が出てきたのが、印象的でした。何の義理もない女が恋人に会いにいくためにダイエットするというのに、自分の生活や金銭、体力を削り取るようにして協力してやるアンディに、友人たちが問いかける「そんなことやってなんの価値が?」という言葉。10年会わない恋人よりも、今、目の前にいるアンディが気になり始めたミニが口に出す「今の太った私を受け入れてくれない恋人なら、価値がない」という言葉。そして、ミニのダイエット合宿費用を荒稼ぎするなかで身体をボロボロにしてしまったアンディが、自分を奮い立たせるために独りごちる「価値はある」という言葉。

基本的にはコメディなので、ビジュアル的には、面白おかしいシーンの連続なんですが、でも「どぎつい」笑いじゃない。一つ一つのシーンを、シリアスすぎたり、おセンチすぎたりするものにしないために、挿入されるほのぼのとした笑い、というかんじ。肉体的な特異性をネタにした笑いって、あとで嫌〜な気持ちになるものも多いんだけど、この作品はかなり趣味がよい部類に入ると思う。

ところで、ちょっと面白かったのは、サミーとアンディが「指きりげんまん」をするシーン。ほほう、中華圏でも、約束をするときには、お互いの小指を絡めるんだねー(金城武とクリスティ・チュンも『人魚伝説』でやってましたが)。この習慣のルーツはどこだろう? ふむふむと思ったのは、「約束ね」と小指を絡めたあと、さらに合意を示すために、そのまま親指をくっつけてたこと。これは、日本ではやらないよね?(地方によっては、やる?)

大きな違いなら分かりやすいけど、こういった微妙なしぐさの違いって、なかなか分かんないよね。だから、わたくし本当は、チャン・ツィイーが日本の芸者を演じたり、ジェイ・チョウが『頭文字D』の主人公を演じたりすることに、少々懐疑的です。

Posted at 17:05 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

金城映画を観に行けず

映画・テレビ

金城武とジジ・リョン主演の『ターンレフト・ターンライト』、今日からロードショーだったんですが、行けませんでした。しくしく。次の週末こそは!

単館上映の金城映画の初日って、おそらく金城ファンがうじゃうじゃいるだろうから、その雰囲気まで含めて楽しそうだったのになー(笑)。2年前、やはり東京ではちっちゃいとこ1館でしかやってなかった『ラベンダー』を初日に観に行ったら、観客の90%以上が女性で、ロビーのあっちでもこっちでも濃〜い金城トークが交わされていて。一人で上映開始を待っていた私のところまでエネルギーが伝わってきたものです。きっと今日も、そんなかんじだったんだろうなー。行きたかったなー。

ところで、金城が所属するフーロン事務所の公式サイトからリンクをたどって、ロンドン国際映画祭に出向いた金城くんの英語で喋っているインタビュー動画を見ましたが、先日トニー・レオンの素晴らしい英語インタビューを見てしまったあとだと、やはり金城くんの英語は、それほど上手くないよなあ……と、思わざるを得ませんでした。色々ツッコミどころがあってハラハラする(笑)。いや、自分を棚に上げて言ってますよ、もちろん。

それでも、インタビューの場で質問に即答できて、言いたいことをちゃんと相手に伝わるように説明できているんだから大したものですけどね。受け答えの内容も無難で一安心(なんでいつも、変に心配しちゃうんだろう)。傍から見たかんじでは、この人は英語で話し掛けられたら、頭の中で言語の置き換えとかはしないで、そのまま英語で考えて英語で答えていると思うんです。ただ、中国語で考えているときよりも、思考速度がちょっと遅くなっている雰囲気。

追記。
映画祭の公式サイトに、さまざまな取材者による「映画祭日記」が掲載されており、9日目のページに、会場で上映された『LOVERS』(英題:House of Flying Daggers)についても、ひとことコメントがありました。これ書いたの、上の動画のインタビューをやった人かな?

私、あの映画の一番のツッコミどころは「ゾンビのように何度でも復活するチャン・ツィイー」だと思っていたんですが、この記者の人は、「20人の刺客と渡り合っても、お化粧が崩れないチャン・ツィイー」が気になったらしい。ツッコミどころって、人それぞれなのね……。とにかく、チャン・ツィイー最強?

金城くんのことは、"sweet guy" だって。

Posted at 23:55 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月31日

文字コードとかブラウザとか

サイト管理

去年の12月にMovable Typeを導入したとき、特に何も考えず文字コードをEUC-JPにしちゃってたんですけど、今になって後悔しています。今後、香港映画ネタを増やしていくなら、UTF-8のほうが、漢字入力で悩む確率は低くなりそうだよな。

むかしは、「ユニコード」という考え方に、なんとなく反発心があったんですよ。でも今となっては、その引っかかり部分も、なんだかどうでもよくなってきた。もともと、大してワケ分かってたわけでもないしね。

ユニコードだと読めない人って、いるのかな? 同居人A氏は、LynxでアクセスするとUTF-8のページが読めない、とか言ってたけど、ほんとに? 本当だとしても、どうせここをLynxで読みにくるのなんて、A氏くらいだろうから、切り捨てちゃってもいいかなあ(←鬼?)。すみません、もしほかにもLynxユーザの方がいらしたら、教えてください。ログには出てないと思うんだけど、自信なし。

話変わって、有里さんの日記FirefoxはCSSのfloatをちゃんと解釈しないというのを読んで、慌てて自分のところにもインストールしてみました。このページもfloatでレイアウト指定してるもんで。うーん、有里さんは問題のあったページをすでに修正されたそうなので、どういうふうに崩れてたのか分からないんですが、うちは現状ではそこそこ大丈夫そうです。今後、思わぬ落とし穴が見つかるかもしれないので、しばらくほかのブラウザと併用してみよう。

で、そのFirefoxですが、今のところ、これからもどしどし発見されるに違いないIEのセキュリティ・ホールを気にしなくていいという点以外には、どこがどうメリットなのか、まだよく分かってない。それと、今まで使っていたブラウザからの設定をインポートしようとすると、必ずフリーズするのは、私が悪いんでしょうか。結局、インポートは諦めてまっさらな状態で使ってます。

Posted at 21:07 | 個別リンク用URL | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | 最近 | 2004年11月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.