« 今更ながら「電車男」とか純愛とか | 最近 | ふたたび今更ながら「電車男」に関するメモ »

2004年11月 9日

Intermission

映画・テレビ | 王家衛 | 近況

てっきり今日は水曜日だと思っていたら、まだ火曜日だったので、びっくりです。通勤とも通学とも無縁の生活してると、曜日の感覚、時々狂いませんか?>該当する方々。祝日の感覚も。

相変わらず、このページのアクセス・ログを見ていると、リンク元として一番多いのはSF系の更新アンテナなんですが(本家本元が停止してから、分散はされてますね)、ここしばらくすっかり香港映画ブログと化しているので、心苦しい気持ちです。

とにかく、まだ感想書いてないウォン・カーウァイの旧作映画は、あと2つ、『天使の涙』と『恋する惑星』のみとなりました。あああ、書きにくいやつ残しちゃったぜ。そのほか、監督作品ではないけど、ウォン・カーウァイがプロデューサーとして関与している作品のDVDが2枚、手元にあるので、これも余力があれば何かコメントするつもり。

それから、最近初めて知ったんですが、1991年の『神鳥伝説』(監督デヴィッド・ライ&ジェフ・ラウ/主演アンディ・ラウ)って、ウォン・カーウァイの単独脚本なんですね。脚本の仕事もしていたことは一応知ってたんですが、日本では正式公開されてない初期のものを除けば、みんなほかの人との共同執筆だと思い込んでました。今年の秋、突然アンディ・ラウを気にするようにならなければ、きっと一生気付くことはなかったでしょう。というわけで、これも「そのうち見る映画リスト」に追加。

って、こんな誰も反応できない話題を延々続けていて本当にいいんだろうか。「SF系日記更新時刻」や「ミステリ系更新されてますリンク」に相当するような、香港電影系のオープンな更新アンテナがあれば、今の私は参加させてくださいとお願いしにいく気、満々なんですが、ないよねえ?

本は、最近では『旅行者の朝食』とか『ぶたぶた日記』とか『ニッポンの子育て』とか『箸の上げ下ろし』とか読みました。うわー、見事に小説がない……いや、違った。『ぶたぶた日記』は山崎ぶたぶたさんのエッセイ集ではなくて、矢崎存美さんの小説でしたね(なんか、作中エッセイの印象が強烈で……)。

Posted at 2004年11月 9日 22:22



All texts written by NARANO, Naomi. HOME