« Rebuild地獄からの生還 | 最近 | 2等身のアンドロイドは南京玉すだれの夢を見るか? »

2005年1月12日

米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』

読了本 | 書籍・雑誌

春期限定いちごタルト事件

創元推理文庫、2004年12月刊。【Amazon.co.jp】

なんか私、ものすごく久々に「ミステリ」ジャンルに分類される作品を読んだような気がする。背表紙の「創元推理文庫」という文字がなんだか懐かしく感じられました。ほんと、ここしばらくミステリ系のものをまったく読んでなかったなあ。

とはいえ、これは殺人事件も何もない「日常の謎」系の連作短編集です。北村薫の「私」シリーズとかよりも、さらにさらに日常度が高い。「そんな“謎”でまるまる1話分、引っ張るんですか!」というネタでも、ちゃんと興味深く楽しく読めるパズラーになるんだ、と感心。

主人公コンビの少年少女のキャラ設定とか書かれ方とか、ちょっと学園ものライトノベル風味?(よく知らんけど。)語り手である男の子・小鳩くんの、事なかれ主義な「小市民」をめざすという悲壮なまでの決意と、それでも謎にぶち当たるとついうっかり推理しちゃって……という葛藤具合が、微笑をさそいつつ、ちょっと可哀想で、同時にけっこう「分かるよ」とも感じてしまったり。「自分の自然な心の動きを抑えてでも目立ちたくない」と思ってしまうこともまた、「目立ちたい」と思うことと同じくらいに自意識のなせるわざなんだけど、そうそう割り切れるもんでもないよね。こういうところ、主人公が高校1年生っていう設定だからこそ、素直に好感を持って読めるんだと思いました。

そして、あくまでも小鳩くん視点で進むこのシリーズにおける、読者にとっての最大の謎(?)は、実はコンビの片割れである「小佐内さんその人」だというのも素敵。小鳩くんと同じく「小市民」を目指すと決意している彼女の表面的な言動自体は、小鳩くんの目線で詳細に語られるのだけれど、彼女が「実際のところ、何考えてるのか」は決して作中で明確な言葉としては語られないところが好き。巻末解説でも、解説者の方が「小佐内さん過去がすごく気になる」と書いてらしたけど、たしかに(笑)。

この二人が、高校卒業するまでのあいだに、どんなふうに成長していくのか、見守りたいなあと思わせられるシリーズでした。この設定なら、まだまだ続編が書けるよねえ? 書いてほしいぞ。

この作者さんのほかの作品も読みたくなってきています。

Posted at 2005年1月12日 10:51



All texts written by NARANO, Naomi. HOME