« 2005年3月に読んだ本 | 最近 | ロバート・J・ソウヤー『ホミニッド―原人』 »

2005年4月 1日

4月1日

映画・テレビ

ちょうど昨日から、仕事の合間の息抜きに、フランス文学者で翻訳家の野崎歓さんによる香港映画評論の新刊、『香港映画の街角』(青土社)を読み始めたのだけれど、いきなり冒頭から狙ったように、香港スター張國榮(レスリー・チャン)が亡くなったときの話が始まっていて、なんだか今日になっても、というか今日だからこそ、朝からどんよりとしています。なんつータイミング。

2003年4月1日、香港映画ファンが集う掲示板をぼーっと見ていると、誰かが「向こうのニュースでレスリー・チャンが飛び降り自殺したと言っている」と書き込んだのでした。最初は、エイプリル・フールとはいえ悪趣味な……中国系の人って、こういうジョークで笑えちゃうのか? などと、と呆れていたものです。まさか、本当に亡くなったとは思わなかった。段々、続報が伝えられて信憑性が出てきて、でも中国語の分からない者は、分かる人が訳して書き込んでくれる情報を受け取ることしかできないので失礼ながら微妙に半信半疑で、でもそのうち日本のニュースサイトにも記事が掲載され始めて、信じるしかなくなって……。

次の日、ほとんど何も手につかなかった。自分でも、なぜあそこまでショックだったんだろうと思います。直接知ってた人じゃなくて外国の芸能人で、ましてや私、もともと別にレスリー・チャンのファンではなかったはずなのに。ファンではなかったから、当時、サイトでは何も書けなかったし、今も本当は、命日に何かを書くことに対しては、逡巡しています。中途半端な思いを書いて晒すと、正真正銘のファンだった人たちに、申し訳ないような気がして。

ただ、よくも悪くも、アクの強い人だったなあ、と。そのアクの強さがどちらかというと苦手だったんだけど、だからこそ同時に、ほかに好きな俳優さんの出ている映画を観ていてさえも、彼がいるほうへ視線を引きずられることがあった。そしてそのせいで、余計に苦手になったんだと思う。むりやり、目をそらしていたような。ほかにあんな人はいない。

そして今やっぱり、レスリー・チャン亡きあとの香港映画の世界って、彼がいた頃よりも、ちょっとだけ色あせているような気が、どうしてもします。ファンじゃなかったんだけど。好き嫌いにかかわらず、とにかくあそこにいなければならない人だったのだ、というような。

香港映画ファンにとっては、まだまだ4月1日は、しんみりと故人を偲ぶ日にならざるを得ないのだと思います。よりにもよってエイプリル・フールの日が選択されたという事実さえもが、彼のイメージの強化につながっている。どっかで、あっけらかんと「何もかもウソだよ」と人を食ったような笑みを浮かべてふいっと出てくる姿を、今でも想像してしまうのです。彼のことをよく知ってる、本当のファンの人にとってはどうだか分からないけど、ほんの数本、映画を観ただけの私が抱いているイメージだと、そういうかんじ。

Posted at 2005年4月 1日 18:27



All texts written by NARANO, Naomi. HOME