« インファナル・アフェア III 終極無間 | 最近 | 三砂ちづる『オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す』 »

2005年4月30日

2005年4月に読んだ本

読了本 | 書籍・雑誌

今月はほんと、読まなかったなー。買った本はほぼ積んだまま放置、借りた本はほぼ未読のまま返却。しくしく。


野崎歓『香港映画の街角』(青土社, 2005年2月)
すでに感想書きましたが、非常に感銘を受けました。【Amazon.co.jp】

アグネス・チャン『アグネスの《旅》香港指南』(扶桑社, 1997年1月)
図書館本。別に近々香港に行く予定はないんだけど(あったら、ちゃんと情報の新しいやつを自腹で買います)、なんとなく香港ガイドを何冊か借りてみたうちの1冊。講談社から出ていた『アグネスの香港指南』(親本1985年、文庫1989年)に加筆、訂正したもの。情報は1997年のものに更新されています。どっちにしてもイギリス返還前だから、古いのは古いんだけど、さくっと読みやすかったです。本質的にはもちろん「旅行ガイド」なんだけど、ところどころ変に生活感あふれるコメントが見られるのがツボ。【Amazon.co.jp】

松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』(マガジンハウス, 2004年7月)
松村栄子って、福武書店(ベネッセですらなかった)から純文学を出してた時代しか知らなかったので、久々に手に取ってみたこれが、思いっきりちゃんと起承転結のあるエンターテインメントしていたことに、面食らった。いつから作風変えたの? 私が誤解していただけ?
東京の茶道の家元の長男が、跡を継ぐのが嫌で家出。ところがなりゆきで大嫌いな京都に連れて行かれることになり、偶然茶道の先生のところに居候する羽目になり。お茶に関わるのが嫌で、一生懸命「茶? それ何?」という態度を取ってるのに、うっかり身に染み付いた動作で疑惑を招いてしまうあたりは、微笑ましい。
ただ、この「親から茶道を押し付けられてた跡取息子が反発して離れてみたものの、結局は自分の意志で茶の道を選びなおすまで」という物語は、結局のところ、「育った環境」は大きくなってから出会ったモノではくつがえせないくらいに強固なのね……という結論にも落ち着いてしまうわけで。最終的に自分の意志で選んでるったって、そもそもお茶の素晴らしさを彼に教えたのは周囲の環境だもんなー。それが悪いわけじゃないんだけど、ちょっと悔しいような気も。 【Amazon.co.jp】


以下、漫画本。


吾妻ひでお『失踪日記』(イースト・プレス,2005年3月)
いろんなところで話題ですね。鬱やアルコール中毒を経験している著者が、失踪中のホームレス生活や入院生活を漫画作品にしたもの。あくまでも作品として普通の人が読んで面白い内容にしちゃってるので、ほんとにどん底に悲惨な部分は出してないはずなんだけど、充分に迫力。あのキュートな絵柄のままで「目にする何もかもが怖い」妄想状態を表現しているコマがすごいなあ、さすがだなあ、と思ったら、巻末の対談で、とり・みきも褒めていた。【Amazon.co.jp】

あしべゆうほ『クリスタル☆ドラゴン』23巻(秋田書店,2005年4月)
いつも忘れた頃に新刊が。これ、いつから続いてるんだっけ? いろいろもう頭の中がぐちゃぐちゃになっているので、一度、全部読み返してみたいんだけど、単行本があちこちに散逸しているので適わず。ああ、所蔵本の整理をしなければと思いつつ幾星霜。【Amazon.co.jp】

よしながふみ『愛がなくても喰ってゆけます。』(太田出版,2005年4月)
漫画家の「Yなが」が、アシスタント「S原」らをはじめとした周囲の人々と美味しいものを食べ歩く話。お話はフィクションだけど紹介されているお店は実在、とのことで、グルメ・ガイドとして実用できるようになってます。なまじっか、著者本人としか思えぬキャラをメインに据えてエッセイ漫画のように仕立てているだけに、つい「どこまでが本当?」と思ってしまうのですが、それを言うのは野暮というものなのでしょう。
『西洋骨董洋菓子店』ではお菓子に特化されてたけど、本当にこの人は、食べ物を美味しそうに情熱持って描くなあ。【Amazon.co.jp】

浦沢直樹・手塚治虫『PLUTO』第2巻(小学館ビッグコミックス)
「原作」の手塚治虫バージョンを読んでないので、どこからが浦沢さんのオリジナルなのかは分からないのですが、すごく面白いです。もとの『鉄腕アトム』を知らない分、「これからどうなるんだ!?」と手に汗握っていますよ。しかし私、アトムがサーカスに売られた子だったというのも初めて知ってびっくりだったんですが。多分これは、作中の扱われ方から見て、原作準拠だよね? やはり、手塚漫画くらいは、古典教養として押さえておくべきか?【Amazon.co.jp】

Posted at 2005年4月30日 23:20

コメント

ながやまです。いつもこちらには寄せてもらってます、今回クリスタルドラゴン読んでるとの事で「私も4月に読んだよー偶然!」と思ってコメントしちゃったごめんね。古本屋で文庫4冊あったんだけど続き読みたくてウズウズしてます。しかし私はいつ新刊までたどり着けるのか・・。

投稿者 札幌の友 : 2005年5月 4日 13:33



わー、お久しぶりです。ご無沙汰しておりますがお元気ですか。コメントはいつでも歓迎なので「ごめんね」とか書かないでください。『クリスタル☆ドラゴン』、ものすごく昔からの連載のような気がしますが、まだまだ話に決着がつかなさそうなので(でもそろそろ佳境かな?)、最新刊にたどり着くのもまだまだ先で大丈夫です、多分。

私も高校生時代に買ったコミックス探し出すの諦めて文庫買おうかなあ。最初のほう読み返したい……。

投稿者 ならの : 2005年5月 5日 00:15





All texts written by NARANO, Naomi. HOME