« 2005年6月に読んだ本 | 最近 | 『ザ・ワン』(2002.12.2 初出) »

2005年7月 2日

『ダニー・ザ・ドッグ』

映画・テレビ

2005年、フランス・アメリカ/ヨーロッパ・コープ提供(映画内の言語は英語)。原題:"Danny the Dog"(米国公開時タイトル:"Unleashed")。監督:ルイ・レテリエ。脚本:リュック・ベッソン。出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ケリー・コンドン他。【公式サイト】

『スター・ウォーズ Ep.3』の先行上映に群がる人々を横目で見つつ、鑑賞してまいりました。久々の李連杰(ジェット・リー)主演映画。最初にネット上で製作発表の記事を見てから、ずいぶん待たされたなあ。

ちょうど、これの撮影が進行中らしかった頃、日本ではやはりジェット・リー主演の『ブラック・ダイヤモンド』が公開されていたのですが、当時のインタビューで彼は「ハリウッドでは自分の意見が聞いてもらえない。今度は“暴力ですべてが解決することはない”ということが分かる映画を作りたい」みたいなことを言ってて、たしかに『ブラック・ダイヤモンド』はジェット・リーが悪いやつをガンガンぶちのめして蹴り上げてやっつけて、ハイめでたしめでたし……なお話ではあったのでした。

というわけで、その彼がハリウッドを離れリュック・ベッソン率いるヨーロッパの製作陣と組んだ新作映画は、とりあえず“暴力が解決策にはならない”映画なのであろうとは思っていました。でもでもでも……! いや、たしかにストーリー的にはそうなんだけど、アクション・シーンは、今までのどの映画よりもリアルに痛そうでしたよ!

『ブラック・ダイヤモンド』よりさらに前にハリウッドで撮ったジェット・リー主演映画『ザ・ワン』では、DVDのコメンタリーで製作スタッフが「MPAA(映倫みたいなの)のR指定を受けないようにするために、雑魚キャラはみんな打撃を受けても死んでないという設定にしたんだ」みたいなことを語っていて、ものすごい「なんか違うだろ」感があったのですが、今回は「人間は強く叩くと壊れちゃいます」というのが、気分が悪くなるほどはっきりと実感できる映像と音声でした。まあ、その反面、乗ってる自動車が弾丸でボコボコにされてもひっくり返っても決して死なないラスボスがいたりもするわけですが、あの人が死んじゃうとストーリーが成立しないからね。

なんだか最近、クレジットを見なくても「ああ、この振り付けをやったのはもしかして!」と思ってしまうユエン・ウーピンの演出によるアクションも、幼い頃から「犬」として育てられて攻撃性むき出しのときのファイト・シーンでの身体の動きと、逃げ出して人間としての生活を知ってしまってからのファイト・シーンでの身体の動きが、はっきりと違うのに感心。

子供の頃に誘拐され「闘犬」として育てられた男が、盲目のピアニストとの偶然の出会いをきっかけに人間性に目覚め……なんて、かなりベタベタかつ荒唐無稽な設定なんですが、相変わらず、「きょとん」としたイノセントな表情が似合いまくりですジェット・リー。歯医者さんの待合室でホンモノのわんこに遭遇して首をかしげるときの顔に萌え。この「いたいけ」さと、戦闘時のギャップが、切ないんだよねえ。

モーガン・フリーマンのピアノ調律師も、養女の女の子も存在感ありました。ストーリー的には、納得いかないところありまくりなんですが(大体、あのラスト、あれで何もかも解決なんてありえねー!)、俳優さんたちの力技で強引に納得させられたような。

ところでこの映画、なんかやたらとあちこちで「ジェット・リー初のキスシーン」みたいなことが言われているんですが(パンフにもそう書いてあった)、初じゃないじゃん! パンフに収録のインタビューでジェット・リー本人が言及してる過去映画の「ほっぺにキス」っていうのは、『D&D 完全黙秘』でのアニタ・ムイとのシーンのことかなと思うんですが、そんなんじゃなく、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇』(1992年)とか『冒険王』(1996年)では、ロザムンド・クァンと、mouth to mouth のキスシーン(一瞬だけど)あるよね? それどころか、『スウォーズマン 女神伝説の章』(1992年)ではブリジット・リンとベッドシーンまでやったよね? あれは、清純派のリンチェイとしては「なかったこと」にしてるんですか? それとも、私が幻を見たんですか? あ、もしかして、「今の奥さんと再婚してから初の他人とのキスシーン」っていう意味ですか!?

って、突っ込むのは多分、野暮というものなんでしょうね……。

Posted at 2005年7月 2日 22:14



All texts written by NARANO, Naomi. HOME