« 2005年9月に読んだ本 | 最近 | 『チャーリーとチョコレート工場』 »

2005年10月19日

『ベルベット・レイン』

映画・テレビ

2004年の香港映画。原題『江湖(Jiang Hu)』。監督:ウォン・ジンポー(黄精甫)、脚本:トウ・チーロン(杜致朗)。出演:アンディ・ラウ(劉徳華)、ジャッキー・チュン(張學友)、ショーン・ユー(余文樂)、エディソン・チャン(陳冠希) 。【公式サイト】

現在公開中。10月9日に観てきました。

マフィアの大ボスであるホン氏(アンディ)の命が狙われているという情報が入った。手をくだしに来るのは若いチンピラらしいが、黒幕の正体は不明。ホンの長年の相棒であるレフティ(ジャッキー)は怪しいやつらを前もって皆殺しにしようと手筈を整える。しかしレフティのような見境のないやり方では人の上に立つことはできないと考えるホン氏は、さらにその裏でレフティ直属の部下たちの行動を阻止。一見、仲良くイタリアン・レストランで食事をしている二人だが、そのあいだにも微妙なかけひきが繰り広げられることとなる。

一方、チンピラ青年イック(ショーン)とターボ(エディ)は、大物マフィアのボスを暗殺する役目を割り振られて心を躍らせる。しかし武器として与えられたのは、拳銃などではなくひとふりのナイフのみ。上の思惑どおり「捨て駒」で終わってたまるか、手柄を立てて生き延びて、いずれは黒社会でトップにのし上がるんだ、と決意を固める二人だったが……。

*

えーと、この新人脚本家の人は「腐女子」ですか? と言いたくなるほど、ホン氏とレフティ、イックとターボのあいだの空気が濃密(笑)。

監督さんも、この映画が第1作という新人さん。演出とかカメラワークとか、斬新で面白かったです。陰惨な話なんだけど、はっとするほどスタイリッシュな画面構成や、哀愁漂う美しいシーンが印象的でした。

役者さんも、香港映画界の重鎮2人と、今一番、上昇気流に乗ってる若手2人で、それぞれ貫禄とフレッシュさをかもしだしていて、なんだか物語の中の「のしあがってきた者たち」と「これからのしあがろうとする者たち」がそのままイメージ重なりました。

エディソンくんは、最近すごく頑張ってると思う。こなせる役の幅が広がってきたなあ。インタビューも、昔はぶっきらぼうな話し方だったけど、最近は自分の考えを丁寧に説明していて、なんだか大人になったねーってかんじ(いや、前に見たぶっきらぼうなインタビューは広東語で、最近見た丁寧なインタビューは英語だったので、ただ単にカナダ生まれの彼は英語のほうが喋り方に気配りできるってだけかもしれないんだけど)。

アンディは、とにかくカッコよかったよー。今までに見た作品では「トシの割に若作り」な役が多かったので、あんなに貫禄も出せるとは思わなかった(笑)。若手2人が、街の中を駆けずりまわっているあいだ、ベテラン2人はひたすらレストラン内で心理戦をしているんだけど、会話だけでものすごい緊張感があって、ほとんど動きがないのに全然画面がダレないのがさすが。

しかしながら、私がそう思うのは、アンディやエディソンくんに思い入れがあるからってだけかもしれず。うん、この人たちなら、別に何もしなくたって、画面に出ているだけで、私の興味は薄れないよ。ははは。一夜のできごとを淡々と追っかけていくこの映画は、観る側が能動的に感度を上げて「観る姿勢」にならないと、ちょっと大変かもしれない。

実は、この映画のストーリテリングにはある「仕掛け」があって、ラストのオチに向かっていろいろと伏線が張られているので、DVDが出たら、じっくり見直したいな。さまざまに解釈できる「オチ」であるような気もするので、余計に。メインの4人それぞれが、直接的に吐露することのない自分の思惑を胸に抱えて行動しているので、とにかく観る側がぐるぐる考えるしかないのですよ。

あと、「暴走しがちなジャッキー・チュン」と「その手綱を取ろうとするアンディ・ラウ」っていう図は、なんだか彼らの若い頃の共演作『いますぐ抱きしめたい』(1988年)を彷彿とさせるなあ、と思いながら観ていました。

関係ないけど、私が行った池袋の映画館では、作中でエディソンくん、ショーンくん、若手側ヒロインのリン・ユアンちゃんが実際に着用していた衣装が展示されていました。写真撮りたかったんだけど、誰もそんなことしてなかったので気後れしてできなかったー(涙)。別に撮影禁止じゃなかったみたいなんだけどなあ。まあ、ガラスのケースに入ってうしろからライト当ててたので、どっちにしてもあんまりきれいには撮れなかったかも。

ずっと前、この映画館が関東圏で唯一の『ラベンダー』上映館だったときには、場内のポスターから何から、熱心な金城ファンらしき人たちが、ばしばし写真撮ってたんですけどー。言いたかないが(私も含めて)、ファンの「あつかまし度」の違い?

Posted at 2005年10月19日 13:39



All texts written by NARANO, Naomi. HOME