« 2005年10月 | 最近 | 2005年12月 »

2005年11月12日

賛否両論の新旧チョコレート訳

書籍・雑誌

先日、ちらっと書いたのだけれど、映画版を観たのをきっかけにロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』(評論社)を再読したのでした。夫が買ってきたので、最近出た柳瀬尚紀さんの新訳バージョンです。

そしたらまあ、予想どおりの「ヤナセ節」炸裂だったので、わははは、相変わらずじゃのう、と思ってAmazonを見てみたら、予想以上にカスタマー・レビュー欄が爆発していた(11/12現在レビュー数60)。特に、子供の頃に旧訳バージョンに慣れ親しんだ人たちの多くが、新訳に反発しているようです。

今年の春先に絶版にされたらしい1972年初版の旧訳(田村隆一さん)バージョンは、すでに復刊ドットコムで150票弱(11/12現在)を集めており、こっちのコメント欄でも、新訳への批判が散見されます。

まあでもねえ、まるっきり違う訳だからこそ、改訳の意味があるとも言えるわけで。同じテイストを求めるなら、旧訳の装丁変えて出せばいいことなんだし。白水社の『ライ麦畑』みたいに、新旧の両バージョン現役にしとけば一番よかったのに、とは思うけど。

英文学教授でもある柳瀬尚紀さんの翻訳は、よくも悪くもアクが強いんだよねえ。かつてアメリカ文学者で翻訳家の柴田元幸さんが、エッセイ集『佐藤君と柴田君』(佐藤良明さんとの共著)のなかで、


翻訳の快感は、自分の痕跡がどんどん消えていくのを目撃することにある。


とおっしゃっていたのですが、柳瀬尚紀さんのは反対に、「自分の痕跡」をガンガン残していくタイプの翻訳だと思います。そして、「オレの翻訳サイコー!」と思っていることを隠さない(ある意味、「日本人離れ」してるよね)。それに留まらず、いろんなところでほかの翻訳者を平気でこきおろす。

この辺がなあ。私は、柳瀬さんのこれまでの翻訳物や、翻訳絡みのエッセイを読んでいるので、もう「この人はこういうキャラなんだ。これが芸風なんだ」と思っちゃってて、いまさら驚きはしませんが、それでも正直、新訳バージョンの翻訳者あとがきで、田村さんの旧訳があからさまに貶されているのを読んで、いい気持ちはしませんでした。こういうのって、もっとさらりと、「私のポリシーで旧版とは異なる訳にしました」程度に留めるくらいがスマートなんじゃないかなあ。柳瀬さんにそれを求めるのは野暮というものかもしれませんが。

柳瀬尚紀さんの翻訳批判が心臓に悪いのは、攻撃対象となるのが原文読み込み不足や日本語の間違い、リサーチ上の怠慢など第三者にも容易に検証できる部分ではなく、もっと本質的かつ主観的な「言葉のセンス」の部分だからだと思う。

故・田村隆一さんだって、本業は詩人で、今と比べれば海外文化の情報入手経路が限られていた時代に数多くの翻訳を手がけた実績もあって、日本語の文章や翻訳という仕事に対する確固としたポリシーを持っていらして、そのうえであの旧訳バージョンが存在したのだと思うのですよ。そして、そこについてるファンもいたわけですよ。そのポリシーを踏みにじりファンの神経を逆なでするようなあの「あとがき」は、本当に必要だったのだろうか。あれがなければ、Amazonのカスタマー・レビューもあそこまではヒートアップしてないと思うぞ。

って、実際の本を見ていない人には何が何やらな話ですみません。

で、ここまで書いたら、私自身がどっちのバージョンを選ぶかということまで書かないとフェアじゃないかなと思うのですが。うーむ。

やっぱり、子供の頃に田村訳で刷り込まれているので、もともと私の判定はフェアじゃないのだ。はい、田村バージョンが大好きですとも。

柳瀬訳は柳瀬訳で、「アリ」だと思う。英語の言葉遊びなどを訳注に頼らず丹念に拾い出して日本語のダジャレに置き換えているところとか、あれはあれで原文に対して誠実に向き合っているし、ポリシー貫いてるんだよな。そして、全体的に文体が軽妙。初めっからこれしか選択肢がなければ、読者の反発は現状ほど顕著じゃないんじゃないかな。

ただ、原文ではそれとなく連想を促しているようなさらりとした洒落っ気を、オヤジギャグ的にベタであからさまな日本語ダジャレにされてしまうと、個人的にはちと興醒めするというか。もっと言えば、引っかかってしまって読みにくいというか。

たとえば、Veruca Saltという女の子の名前が、訳本では「イボダラーケ・ショッパー」になってるの。(「r」の1つ多いverrucaという単語が「いぼ」という意味だから「イボダラーケ」、salt(塩)は「しょっぱい」から「ショッパー」。)

それもひとつの見識ではあるんですが。でも名前の「音」や「字面」って、私にとっては重要です。ハリポタのドラコ・マルフォイが「タツオ・アクイ」とかにされてたら私、めっちゃ暴れますよ?(註:Dracoはラテン語の「竜」、Malfoyは一説によるとラテン語のMal〔英語だとbad〕とフランス語のfoy〔英語だとfaith〕から来ているらしい。)金城武くんだって、韓国の人に「キム・サンムさん」とか呼びかけられたら訂正するって言ってましたよ?(結局そっちへ連想が行くのか>私)

Verucaちゃんなら、たとえ綴りの似た変な単語があってもギリギリ女の子名として通用するかな、と思うけど、イボダラーケは一瞬ギョッとしません? というか、Verucaちゃんのあのアマアマな親が、一人娘にイボダラーケなんて名前をつけるとは思えません(笑)。

田村訳は、原文の言葉遊び的な部分はいったん脇において、読みやすさと日本語としてのきれいさを優先する方針をとったんじゃないかな。それでいて、物語自体のドキドキ感や、シニカルな部分は、きちんと残せていると思う。たとえばもし自分に子供がいたとして、どっちを与えたいかというと、ちょっと古い表現も出てはくるけど、田村訳かなあ。妙にテンションの高い「あとがき」も付いてないし。

あと、やはりこれは私の中に刷り込みが行われているせいだと言われればそれまでなんですが……田村訳の文章のほうが、登場するチョコレートが美味しそうに思えます。柳瀬訳は、才気走って原文の細部にこだわった言葉選びが行われている反面、かえってイメージされる美味しさが低減されているような。チョコレート工場のお話でチョコレートが美味しそうかどうかというのは、ひじょーーーに重要な問題ですよ!

Posted at 22:38 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月30日

2005年11月に読んだ本

読了本 | 書籍・雑誌

やはり今市子はいいなあ。


ロバート・J・ソウヤー『ハイブリッド ―新種―』(ハヤカワ文庫,2005)
うーむ、最後まで、今一つ乗れないままで終わってしまった。なんか、ソウヤー作品にいつも感じられるあっけらかんとした「人のよさ」からくる単純さ、みたいなものが、私にとっては限度を超してしまったかんじ。ソウヤーの精神の根底にある「常識」をくつがえすことはソウヤーにとってはセンス・オブ・ワンダー(って最近は使わない言葉?)で思考の大冒険なんだろうけど、そもそも私はその「常識」を共有できてないんだな、とも思った。キリスト教圏の人が読めば、もっと切実に迫るものがあるんだろうか?【Amazon.co.jp】


三浦しをん『しをんのしおり』(新潮文庫,2005)
親本2002年。ウェブで連載してたのをずっと読んでるので、微妙に記憶に残っていたりもしますが、久々にまとめて読んだら楽しかった。しかしこの連載、いろんな出版社(新潮のほかに光文社と新書館)から加筆訂正付きで出てるので、もう何が何やら。【Amazon.co.jp】


穂村弘『現実入門』(光文社,2005)
一時期、ネット上で流行った「人生の経験値」リストの元ネタとなった、著者がいかに人生経験が少ないかというエッセイから発展して、担当編集者から持ちかけられた、ではいろんなことを実際に経験してそれをエッセイに書いていきましょうという企画。献血から始まって、ブライダル・フェア、健康ランドなどなど……。このような仕事でもなければ決して足を踏み入れることなどなかったであろう領域に立ち入る羽目になって、あわあわしている心境や思わず逃避する心がリアルに描かれるが、やがて段々と連載の趣が変わってきて……。現実入門というわりには、最終話は現実とフィクションの境界のギリギリのような微妙なところで筆が置かれているというのが面白い。【Amazon.co.jp】


平野久美子『食べ物が語る香港史』(新潮社,1998)
英国による領有が始まった1800年代から、中国への返還直後までをいくつかに区切って、それぞれの時代の代表的な食べ物を取り上げ、そこから見えてくる当時から現代(と、いっても本書が出版された頃の「現代」ですが)までの変遷を語る。題材が「食」なので必然的に、上から見下ろしたようなものではなく、人々の生活が見える歴史語りになっていて、非常に面白かった。著者自身の食べ歩き感想がまた、すごく美味しそうで。香港映画を見ていても、ピンと来なかった描写のいくつかがちょっぴり分かったような気になったりもしました。出版時期が1998年なので、思いっきり1997年の「返還」に焦点が当たって、そこへ集約されていくような構成なんだけど、そのあたりの取材の話もまた、著者から見た「香港人」とその他の中華系民族との意識の違いが浮き彫りになっていて、興味深かったです。【Amazon.co.jp】


まついなつき『あしたはワタシのお葬式』(NHK出版,2002)
役立つと思ったミニ知識。(1) 自然葬をサポートする市民団体「葬送の自由をすすめる会」では、海や山に撒く遺骨を事前に粉末化しておくことが定められている。(2) 遺言書には割り印を押す。(3) 遺書とは違って、いわゆる「リビングウィル」(死ぬ前に延命措置や葬儀などについて本人が指示しておくもの)には法的効力はなく、あくまでも意思表示。(4) 「葬儀(宗教上の儀式)」と「告別式(周囲の人間が故人にお別れをする)」は定義としては別物。【Amazon.co.jp】


烏城あきら『発明家に手を出すな』(徳間書店キャラ文庫,2005)
生まれて初めて手にした正真正銘のボーイズラブ小説(汗)。「そこはかとなくBLっぽい雰囲気かもしれない」的なものには、講談社X文庫ホワイトハートなどで、何度か遭遇しているんですが。天才的発明家(25歳男)と弁理士(27歳男)の恋愛物語。ラブシーンはともかく(私は男女カップルが主役のお話でも直截的なラブシーン描写は苦手)、「決して華やかではない、地道な作業をベースとした仕事の、比類なき面白さ」を説得力を持って描いているという点では、非常によかった。私自身が新卒で特許事務所に就職決まったときに所長からプレゼントされた『特許がわかる××』みたいなビジネス書より、よっぽどこの業界に対する意欲を刺激してくれると思うぞ。そうそう、特許明細書にだって、「美しいもの」と「美しくないもの」があるよね! ただ、いろいろと考え込んでしまったりもしたので、そのうち、余力があれば後日もうちょっと長文の感想を書き直すかも(普段BLを読んでない者があれこれ言うと、もともとBL属性のある人には嫌がられてしまうだろうか?)。【Amazon.co.jp】


(ここからは漫画本。)


今市子『大人の問題』(花音コミックスミニ,2005)
8月の読書記録で今市子の『百鬼夜行抄』にハマったと書いたときに、コメント欄でお勧めいただいたものが、ちょうど先月末に文庫化されてたので。もとの単行本は1997年刊行。おおお、これは、すごく面白かったです。『花音』といえばBL雑誌ですが、これはむしろ、内容的には一般向けの本に載っててもおかしくないような(つまり門外漢の目から見ると、「BL的な萌え」を求める人の需要には合わないのでは? という印象でした)。普通とみなされるのとはちょっと違う家族形態や人間関係を背負うことになった人々が、時にじたばたしながら、それでも悲壮になりすぎず、それぞれ幸せになろうとしている姿がいとおしい。どの登場人物に向けられる目も温かい。主人公のお母さんが好きだなあ。強くて可愛くて。【Amazon.co.jp】


今市子『岸辺の唄』(集英社アイズコミックス,2002)
「岸辺の唄」、「予言」、「氷の爪石の瞳」を収録。東洋の架空の土地を舞台としたファンタジー連作。やっぱり絵がきれい〜。シルクロード風の文化で、見ているだけで楽しい。この世界の空気が感じられるような。【Amazon.co.jp】


今市子『懐かしい花の思い出』(朝日ソノラマ,2002)
「懐かしい花の思い出(1994)」、「夏服の少女(1993)」、「眠りにつく前牛乳を(1994)」、「最後の夏休み(1990)」、商業誌デビュー作「マイ・ビューティフル・グリーン パレス(1993)」、「六月病(1994)」、「夜の雫(1992)」、「ユディットの帰還(1991)」、「ユディットの帰還 II(1993)」、「神々の花(1991)」を収録。特に好きなのは表題作「懐かしい花の思い出」と、同人誌に発表されていた「夜の雫」かな。【Amazon.co.jp】


今市子『砂の上の楽園』(朝日ソノラマ,2001)
「砂の上の楽園(1996)」、「僕は旅をする(1994)」、「雨になればいい(1996)」、「夜の森の底に(1997)」を収録。どれも、ちょっとヒネリのある「不思議話」。【Amazon.co.jp】


今市子『孤島の姫君』(朝日ソノラマ,2003)
「赤い袖(1998)」、「沈黙(2000)」、「真夜中の食卓(1999)」、「遺影がない!(2000)」、「孤島の姫君(2001)」、「文鳥マンガ 美しき獣たち」を収録。2つの異なる世界の遭遇を描いた(?)「沈黙」が大好きです。あと、おまけ的な位置付けであると思われる文鳥マンガが爆笑もの。すごいなあ。【Amazon.co.jp】


今市子『五つの箱の物語』(朝日ソノラマ,2005)
連作短編集「五つの箱の物語(1995〜1996)」、「図書館で会いたい(1993)」、「花曇り(1995)」、「へんなやつら(1994)」、「僕らの季節(1993)」を収録。この本に入ってるのは、すべてBL系でした。そんなにあからさまな描写はないので、私でも大丈夫。どの作品にも登場人物のデリケートな心情が細やかに表現されていて、ガラスの箱をそっと開くような神妙な気持ちで読みました。「僕らの季節」なんて、すごくキラキラした、どこか懐かしいような青春物語。【Amazon.co.jp】


小林尽『School Rumble』1〜10巻(少年マガジンコミックス,2003-2005)
同居人A氏がアニメ版にハマってせっせと録画していたので、原作を読んでみた。うーん。時間つぶしにはなるけど、続きを心待ちにするほどには好みじゃないかな。A氏によると、アニメ版のほうが面白いそうなのだけれど。【Amazon.co.jp】


獸木野生『愛でなく』1〜6巻(ウィングス文庫,2005)
PALMシリーズ第6話。急に再読したくなって一気買い。昔の単行本、持ってたはずなんだけどなー。【Amazon.co.jp】

Posted at 22:50 | 個別リンク用URL | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | 最近 | 2005年12月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.