« 2006年1月 | 最近 | 2006年3月 »

2006年2月 9日

譚[王路]美/編・著『譚夫人(マダム・タン)の欲深的香港の旅〜コンプリート・ガイドブック〜』

読了本 | 書籍・雑誌

新潮社、2002年5月刊。【Amazon.co.jp】

 ちょっとしたお出かけに着るチャイナドレスは、フランス製の高級生地を選んで職人に仕立ててもらい、靴はイタリア製の良質の革を選んで好みのデザインで職人に作ってもらった。行きつけの広東料理店では、いつでもメニューを無視して注文に応じてくれるコックさんがいた。既製品の洋服はフランス製もイタリア製もふんだんにあり、その他の品物も世界中の良いものが免税価格で気軽に手に入った。ケーキはふわふわ、ハムはイギリス製の舌もとろけるようにおいしいものがあった。私はそれが当たり前だと思っていた。

広東省出身の中国人の父と日本人の母のあいだに横浜で生まれ、子供時代の一時期を香港で暮らし、若い頃の大半を在日中国人として過ごし、現在は結婚してニューヨークに住居をかまえる著者による、思い入れたっぷりの香港紹介。

2部構成になっている本書の前半は、一般のツアーよりちょっとディープな滞在を体験したい旅行者向けに書かれた街歩きの指南書(情報は2002年時点のもの)。奮発してゴージャスに過ごすペニンシュラ・ホテルのひとときを語ったかと思えば、観光客用でないホンモノのチャイナドレスの老舗仕立て屋さんを訪れ(ものすごい具体的な着こなしアドバイス付き)、そうかと思えば伝統的手法で細工を施された竹の鳥かごが並ぶ市場の露店や現地の人たちが頼りにしている占い師などなども紹介。もちろん東西の美容術やマッサージ、中国茶や中国料理が楽しめる場所もしっかり載ってます。これはこれで、華やかな写真も満載で、かなり楽しめる。

そして読み進めていくうちに、“譚夫人”の心の中にある香港というのは、社会主義国になってしまった中国が失ってしまった東洋の伝統文化と、イギリスの植民地であったことによって培われた西洋の文化が巧みにブレンドされている、ものすごく洗練された「粋」な場所なのだなあ、ということが自然と理解されてきます。

そして著者と同年代で、さまざまな政情の変化を見ながら香港に育ち「東情西韻(東洋の情感と西洋の韻律の融合)」をモットーとするデザイナー、アラン・チャン(本書のカバーデザインも手がけている)との対談をあいだに挟んだあと、第2部のエッセイ群へ。

これがですね。非常に、興味深かった。1997年、香港がイギリスから中国に返還された当日の思いを克明に綴った「香港の一番長い日」を皮切りに、その後の香港の変容を、古きよき香港を記憶している者としての目でセンチメンタルに綴った文章が続きます。

中国国籍保持者であり、中華系民族としての自覚を持ちながら、一度も中国大陸で生活したことのない著者の目に映る返還前後の香港は、今までに読んだどの香港返還がらみの文章よりも主観的に思え、それでいてリアリティにあふれているのでした。

冒頭で引用した文章からも分かるように、この著者の香港時代というのは、かなり恵まれたもの(よく分からんけど、いくらなんでも香港在住者の誰も彼もがこういう生活できていたわけではなかろうと思うよ)だったわけで。そんな優雅な思い出の場所としての香港に、突如として立ち入ってきた中国勢力は、彼女の視点からは、とても粗野で粗暴なものとして描かれます。その一方で、香港人たちがみんな配布されたパンフを見ながらでなければ歌えない中国の国歌を、日本の中国人学校で教育を受けた彼女だけが、そらで全部、歌えてしまい、あまつさえ胸の内に自分でも予期せぬ誇らしささえ湧いてきてしまったり。そういう矛盾した思いも正直に書かれており、ちょっとしたエピソードに、ハッとさせられる。

変換後の香港について書いた文章では、東洋の真珠と謳われた愛すべき香港の街並みに段々と中国風の「下卑た極彩色」が増えていくことに対する哀しみとともに、中国大陸で農民をしていたような人々が香港の都会的なレストランへやってくることなどについての反感が、はっきりと浮き出てしまっていて、最初は読んでてちょっと鼻についていた。でも実際問題、著者のような経歴を持つ人の中にそういう感情が芽生えてしまうということも、紛れもない事実なんだろうな、とも思う。やはり、部外者による理解の試みという観点からは、こういう「本音の感情」の部分まで率直に書かれたものを読むこともまた、意味のあることかもしれない。

この本が出てから、さらに数年が経過した「いま」の香港を、“譚夫人”がいったいどのように見ているのかを、すごく知りたいと思った。最近は中国史全般に関する著書が多いみたいだけど、また香港に特化した本を作ってほしいなあ。

Posted at 22:52 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日

講談社・編『ディック・ブルーナ〜ぼくのこと、ミッフィーのこと』

読了本 | 書籍・雑誌

2005年4月、講談社刊。【Amazon.co.jp】

去年(2005年)って、ミッフィー(うさこちゃん)シリーズの最初の絵本が出版されてからちょうど50年だったのですね。多分この本も、その記念企画として出たものなのでしょう。インタビュー形式で、ブルーナさんの経歴や現在の生活、お仕事のことなどを詳しく語ってもらったもの。

なんというか、この人って、すっごく密度の濃い人生送ってるよなあ。成功したのはラッキーだったからじゃなくて、自分の力を出し切ってつかんでる。理想主義者だけど、ちゃんと地に足つけて現実の中で実現させてる。そしてこの表紙の写真の「つやつやとした血色のいいおじいちゃん」の顔から喚起されるイメージそのままに、いつまでも現役な充実した老後。かっこいいなあ。「ミッフィー(うさこちゃん)」の造形が、とってもシビアに妥協なくデザインされていることも分かりました。

講談社の企画なので、あくまでも本書の中では「ミッフィー」だけど、原書オランダ語の「ナインチェ (Nijntje)」は、意味的に「うさちゃん」なので、福音館書店の「うさこちゃん」のほうが訳としては正しいのね。でも最近は、すっかり英訳版から継承した「ミッフィー」で定着してるよなあ。うさこちゃんの何が悪いんだよー。

というか、この本の巻末に載ってるディック・ブルーナの著作リストを見て初めて、「うさこちゃん=福音館」、「ミッフィー=講談社」だということに気付きましたよ! てっきり、「翻訳された時代の古いもの=うさこちゃん」なんだと思ってたけど、福音館が翻訳権を取った作品は、2005年に出版されたばかりのものでも、しっかり「うさこちゃん」なのだ! これに気付けたことが、この本を読んでの一番の収穫だわー(なんとなく)。

Posted at 00:08 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日

Brooklyn Black Chocolate Stout

ビールラベル

choco.jpg

ブルックリン・ラガーを出している、米国ニューヨークのBrooklyn Breweryのビール。ブラック・チョコレート・スタウトという名前ではありますが、別にチョコレートが入っているわけではありません。原料に、「チョコレート・モルト」と呼ばれる、高温で焙煎された麦芽を使用しているところからのネーミング。

そしてチョコレートは入っていないのですが、いかにも「黒ビール!」な色合いや苦味の奥に甘味が感じられるところは、たしかにちょっとダーク・チョコレートっぽくもありました。

Posted at 22:46 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日

町田忍『ザ・チョコレート大博覧会』

読了本 | 書籍・雑誌

扶桑社、2000年5月刊行。【Amazon.co.jp】

最近はチョコレートに対する嗜好も、なんとなく「ものすごく好きなものを、ちょびっとだけ」になってきてしまって、スーパーやコンビニで売られている大手製菓会社製チョコ菓子を手に取ることはめっきり減ってしまっているのだけれど、なるほどなるほど、ニッポンのチョコレートはそんなふうにして発展してきたのか……と、なんだかしみじみしてしまう1冊。

なかなか懐かしいラベルの写真もたくさんありました。こういうの、学校の遠足に持っていきましたよ。巻末に、コアラのマーチのコアラちゃんたちの全デザインが掲載されているのも嬉しかった。

なんにせよ、こういった量産チョコのラベル収集を「ライフワーク」だと言い切る著者の人の情熱に心打たれました。この本が出たのは6年近く前だけど、きっと今でも続けていらっしゃるのだろうなあ。新製品が毎年ざくざく出るわけなので味見も大変だと思いますが、健康に気をつけつつ、がんばってほしいです。

Posted at 00:00 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』(旧訳版)

読了本 | 書籍・雑誌

田村隆一・訳、評論社、1972年9月刊。【Amazon.co.jp】

それなのに、毎日、雪のなかを、よろめきながら学校へかようチャーリー少年は、ウィリー・ワンカさんの巨大な工場の前を、通らねばならないのです。そして、いいですか。毎日、工場のそばまでくると、少年は、その小さな、とんがった鼻をヒクヒクさせながら、チョコレートがとける、あのなんともいえない、甘ったるい匂いをかぐんですからね。ときによっては、工場の門の前で、何分間も、じっと立ちどまったまま、まるでチョコレートの匂いを、食べてしまうみたいに、ふかぶかと、息をのみこむこともありました。

去年の春頃までは書店に並んでいたけれども現在は絶版、復刊ドットコムで159件(2006/02/14現在)の投票を得て復刊交渉予定の旧訳バージョン。

以前、柳瀬尚紀さんによる新訳バージョンの話を書いたときには、すぐに出せるところに旧訳版の本がなくて確認取れてなかったので触れなかったのだけれど、実は自分の記憶がたしかなら、いくら復刊投票が集まっても、以前のままで旧訳版を復刊するのは難しいんじゃないかなー、と思っていました。

今回、読み返してみて(結局、自分の本が発掘できなくて図書館で借りてきました)、やっぱり、というかんじです。現在の基準だとおそらくNGな用語がけっこうたくさん……。いわゆる「差別表現」と言われるような言葉ね。1972年だからなあ。そういったところだけ手直しして改めて出せるなら、一番いいんだろうけど、訳者さんが故人なので、本人の了承もらいに行くわけにもいかないし、いろいろ問題ありなのかもしれませんね。ほかにも、今の感覚で読み返すと、ちょっと苦しいかな、という文章がちょこちょこあった。

でも、すんごい好きなんだなあ。やっぱりなんか、こっちのほうがチョコレートが美味しそうな気がするよー。子供の頃の思い入れがあるからにすぎないと言われてしまえば、それまでなのだけれど。柳瀬センセイの新訳バージョンだって、決して悪くはないんだけど。むしろ、原文に対する忠実度とか、政治的な正しさ度とかを基準に評価するなら、おそらく柳瀬バージョンのほうが上なんだけど。

井伏鱒二さんが翻訳なさった『ドリトル先生』が、たしか「断り書き」付きで差別表現を含んだまま出版され続けているように、『チョコレート工場』も断り書き付きで復刊するわけにはいかないのかなあ。『ライ麦畑でつかまえて』(野崎孝・訳)と『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(村上春樹・訳)が同じ白水社で共存しているみたいに、『チョコレート工場』も評論社のなかで共存させてもらえないものかなあ。

ちなみに、冒頭に引用した段落、柳瀬さんの新訳バージョンではこうなってます。

しかも毎日、チャーリー・バケツは、雪の中をとぼとぼ学校へ通う途中、ウィリー・ワンカ氏の巨大な工場の前を通る。毎日、そこへさしかかると、小さなとがった鼻をつんと上へ向けて、とろけるチョコレートのすばらしい甘いにおいを、くんくんかいだ。ときには、数分、門の前でじっと立ちどまり、そのにおいを食べようとするかのように、深々と息を吸いこむ。

……なにほどの違いなけれど。

Posted at 00:02 | 個別リンク用URL | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月21日

酒井順子『その人、独身?』

読了本 | 書籍・雑誌

講談社、2005年6月刊。【Amazon.co.jp】

「負け犬」の始祖(?)酒井順子が、今度はその負け犬生活を自らの生活に引きつけて具体的に綴ります。うーん。いつもどおり面白い。さくさく読めて面白いんだけど……なんだかちょっと、普段この人の丁寧な文体の向こう側から感じられる「毒」みたいなものが、微妙に薄まっているような? 気のせい?

……と、思ったらこれ、おじさん向け雑誌に連載されていたのですね。なるほど、おじさんがたが怖気づかないよう、噛み砕いた表現を心がけた結果が、これなのかしらん。

そして、面白いんだけど、やっぱりこの人とは、共有できない体験がたくさんあるわー。一般化はいかんのだけど、やっぱりバブリーな時代に首都圏で社会に出た人の感覚は、時々ものすごく自分から遠いなと思うことがあるわー(偏見?)。

Posted at 21:21 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | 最近 | 2006年3月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.