« Brooklyn Black Chocolate Stout | 最近 | ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』(旧訳版) »

2006年2月14日

町田忍『ザ・チョコレート大博覧会』

読了本 | 書籍・雑誌

扶桑社、2000年5月刊行。【Amazon.co.jp】

最近はチョコレートに対する嗜好も、なんとなく「ものすごく好きなものを、ちょびっとだけ」になってきてしまって、スーパーやコンビニで売られている大手製菓会社製チョコ菓子を手に取ることはめっきり減ってしまっているのだけれど、なるほどなるほど、ニッポンのチョコレートはそんなふうにして発展してきたのか……と、なんだかしみじみしてしまう1冊。

なかなか懐かしいラベルの写真もたくさんありました。こういうの、学校の遠足に持っていきましたよ。巻末に、コアラのマーチのコアラちゃんたちの全デザインが掲載されているのも嬉しかった。

なんにせよ、こういった量産チョコのラベル収集を「ライフワーク」だと言い切る著者の人の情熱に心打たれました。この本が出たのは6年近く前だけど、きっと今でも続けていらっしゃるのだろうなあ。新製品が毎年ざくざく出るわけなので味見も大変だと思いますが、健康に気をつけつつ、がんばってほしいです。

Posted at 2006年2月14日 00:00



All texts written by NARANO, Naomi. HOME