« 主題歌差し替え問題・その後 | 最近 | 中野翠『甘茶日記』 »

2006年4月18日

桜庭一樹『荒野の恋』(第1部・第2部)

読了本 | 書籍・雑誌

『荒野の恋 第一部 catch the tail』エンターブレイン ファミ通文庫,2005年6月刊。【Amazon.co.jp】

『荒野の恋 第二部 bump of love』エンターブレイン ファミ通文庫,2006年2月刊。【Amazon.co.jp】

ちょっと前に同じ作者さんの『GOSICK』(富士見ミステリー文庫)を読み始めたのですが、ストーリーには大変心を惹かれるものがありつつ、1924年のヨーロッパという設定でライトノベルの言葉遣いというのがどうにもワタシ的にはしんどく(頭カタくてすみません)、読み進めるのに苦戦していると某所でぼやいたところ、まずは現代モノで文章に慣れてみたらどうかという提案をいただいたのでさっそく買ってきて先に読了しました。

女子中学生(第1部で中1、第2部で中2から中3)を主人公とした、SF要素もミステリ要素もトンデモぶっとび設定もなくファミ通文庫なんてレーベルでこんなのもあるんだ……と変な感心をしてしまうほどの“普通の話”です(私、ファミ通文庫に何か偏見持ってる?)。

そして、昔懐かしいとさえ言いたくなるほどまっすぐ生真面目で繊細な“少女の成長小説”でもありました。ファミ通文庫なのに(くどい)。こういうの、かなり好きです。

主人公をはじめとした登場人物たちの造形そのものは、けっこう作り物じみてステロタイプなのに(これは多分、意図的にそうしているのだと思う)、12歳頃の女の子が周囲の大人や同年代の男子たちとの関わりのなかで感じるとまどいや感情の揺れがリアルで、かつて女の子だったことのある人間としては、ところどころで「ああああ、そういうのあるあるあるある!」みたいな、いたたまれない気持ちに(笑)。

主人公が少女としての硬質な潔癖さを保っている一方で、周囲の環境はどろどろとした“大人の事情”にまみれており、彼女と、彼女が惹かれる男の子のふたりは、直接関わることはできないまま、否応なしにそれらを身近で目撃せざるを得ない状況に置かれてしまいます。

ものごとを咀嚼して乗り越えていくやり方は、それぞれに違っているけれど、どちらもひっそりと独りで考えをめぐらせて思いを抱え込むタイプ。途中で一度、物理的には離れ離れになりながらも、運命共同体のように、ほかから切り離されてふたりだけで分かち合うものがある。少年少女の恋愛話としては、ようやくはっきりとしてきたくらいの段階で一区切りとなっており、その、まだどろどろとした感情がほのめかすようにしか存在しない透明さも大人になってしまった読者の目からはいとおしい。

オトナになるってことは、ある程度「清濁あわせ呑む」ことができるようになるということでもあって、それができるようになるにつれて、生きていくことはたやすくなるのだけれど、それでもどこかで今でも、あわせ呑まなければならないこと自体が辛かった頃の自分を鮮明に覚えている人には、身につまされるところがあるのではないかと。

まだ上梓されていない第3部(完結編)では、主役のふたりは17歳だそうで。どうなっているのか楽しみです。

Posted at 2006年4月18日 15:50



All texts written by NARANO, Naomi. HOME