« 2006年4月 | 最近 | 2006年8月 »

2006年5月23日

青池保子『「エロイカより愛をこめて」の創りかた』

読了本 | 書籍・雑誌

マガジンハウス、2005年2月刊。【Amazon.co.jp】


すごい長寿漫画だということは知っていたけど、『エロイカより愛をこめて』の連載開始って、1976年だったのか。すごいなあ。

「エロイカ」シリーズは、中学生の頃、友達に借りて一部を読んでただけで、それほど詳しいわけでも思い入れがあるわけでもなかったのだけれど。それでも、洒落っ気を備えつつもスケールの大きい物語が面白かった、というくらいの記憶はあって。ええ、NATOとかKGBとかいう用語を最初に知ったのも、この漫画でだよ。ベルリンの壁が崩壊し冷戦終結が決定的になったときには、頭の片隅で「うわー、エーベルバッハ大佐、どうするんだろう?」って思ったさ。でも結局、どうなっていたのかは、チェックせずじまいだったのだ。

冷戦終結後のストーリーにはブレインとして軍事評論家が参加してるとか、昔は1970年代美形キャラの定番服である“ひらひらブラウス”などをお召しになっていた伯爵も最近はけっこうカジュアル路線のワードローブだとか(本書の口絵でも確認)、初めて知ったよー。長い連載だけど、時事性のあるネタを取り扱う作品だけに、時代の流れは反映されているのね。

製作過程に関するくだりでは、当たり前だけど、本当に綿密に取材しているのだな、と感心。連載中にも新しい取材内容がどんどん作品に反映されていくようすが克明に説明されており、そのときの仕事場の熱気が想像できて、わくわく。ネーム原稿と完成原稿を対比してくれているページも面白かったです。ネーム段階の簡略化された少佐の顔がかわいかった(笑)。

とにかく、これだけ長いあいだ、こういう複雑な要素のからむ作品を、エンターテインメントとして描きつづけられるって、ものすごいことなんだなと改めて思いました。

Posted at 16:26 | 個別リンク用URL | コメント (5) | トラックバック (1)

区切りの日

近況

ああ、ただでさえ更新少ないのに、5月に入ってからはさらにさらに放置状態にしてしまいました。こんにちは、まだ生きてます。

更新サボっているあいだに、1つ歳をとり、在宅労働者化5周年を迎えました。まだとりあえず、それなりにお仕事はもらえています。

そしてリアルでもネットでも、誕生日だからという理由で声をかけてくださるかたがいたりすると、やっぱり幾つになっても、誕生日ってなかなか悪くないものだなあと思うのでした。ありがとう。

本当は、こうやって恣意的な区切りの日を定めて年を数えることになど、あまり意味はないのかもしれません。それでも、「ああ、また1年が経った、また1年間を乗り切ることができた、まだなんとか生存してるし、完全失業もしていない」と思うと、ふうううっと安堵のため息がもれるのです。

反面、在宅労働歴が長くなったということは、その分、外で働いていた頃が遠くなったということでもあるわけで。どんどん社会性がなくなってきてますよ、たぶん。少なくとも、今後なんか心境の変化があったとしても、ふたたび勤め人に戻れる可能性は、どんどん低くなってきてます。わはははは。

まあなんにせよ、またこれからの1年を、なるべく丁寧に乗り切っていくしかあるまい。

Posted at 16:29 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | 最近 | 2006年8月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.