« 2006年10月 | 最近 | 2006年12月 »

2006年11月12日

ウィンター・ソング

映画・テレビ

2005年の香港映画。
原題:如果・愛/Perhaps Love
監督:陳可辛(ピーター・チャン)
出演:金城武、周迅(ジョウ・シュン)、張學友(ジャッキー・チュン)、チ・ジニ
公式サイト:http://www.winter-song.jp/

初日である11月11日の朝から映画館に行ってきました。中国語圏での公開からほぼ1年遅れ。これまで何度も「もういっそ英語字幕付きの香港盤DVDを買ってしまうか?」と心を揺らしつつ、「いやいやいや、最初はスクリーンで観たい!」とぐっとこらえてまいりましたが、ついに日本のシネコンで、日本語字幕で、観ることができました。

待っててよかった。これ、やっぱり大画面で隅々まで観たい映画だわ。俳優(金城くん)と女優(ジョウ・シュン)と映画監督(ジャッキー・チュン)が出てきて、劇中劇でミュージカル映画を撮影しているんですけど、そこのところの西洋趣味と中華風味の融合した迫力の群舞シーン(振り付け師はインドの人なんだって)なんて特に。いずれ国内盤のDVDが出たら買うのはもう決まりだけど、先入観のないうちに大きいスクリーンで観ておけてよかったです。

そして……。こういうこと書くと、「ええー!?」って思われそうな気がするんですけど。実は1995年に観た『恋する惑星』以来11年ぶりに、「金城くんを銀幕で観られて嬉しい」という気持ちよりも、純粋に「面白い映画を観られて嬉しい」という気持ちのほうがはっきりと上にくる金城くん出演作品でした。自分でも、ものすごく意外なことに。

いや、今まで観たほかの金城くん映画がアレだったということじゃなくて。ただ今までは、作品全体としてどう評価するかというところとは、まったく別の次元に、「でも結局のところ私は、金城くんがカッコよく撮れてさえいれば、それでオッケーになっちゃうんだよなあ」という評価軸があったんですね。それが今回、少なくとも観ているあいだはそういうふうな視点が出てこなかったってことです。

もちろん、そもそも金城くんが主演じゃなかったら観に行くことはなかったと思うんですが。そしてもちろん、この映画の中の金城くんも、とても素敵なのですが。

最初は、しばらく金城くん映画の新規公開がなかったので、ちょっと愛が薄れたのかしら、今年は新しく別の芸能人のファンにもなっちゃったし……と思ったりもしましたが、じっくりと考えてみて、やはりそうじゃない、という結論に達しました。うーん、どう言えばいいんでしょう。すべてのキャストとストーリーのバランスがとてもよいからってうのが近いかなあ。いい意味で、金城くんが作品の中で(ファンの欲目で見てさえも)目立ちすぎてない、浮いてない。そしてまた、「金城くん素敵♪」なんてこと考えてる余裕がないくらいに、私にとっては、この映画そのものの存在感が強かったのです。

しかしながら、日本でのこの映画の宣伝文句、あれはどうなんだ?「今、あなたに贈る、10年分の涙」とかさあ。ちょっとイメージ違うように思った。このキャッチフレーズで、「ストレートに泣ける美しい純愛物語」を期待していった人は、肩透かし喰らうんじゃないか。

映画の構成は、ちょっとだけ複雑です。映画の中でさらにミュージカル映画が撮影されているわけですから。ミュージカル映画の外側には、それに出演する俳優たちの現在と過去があり、撮影が進むと共に、彼らにとっての現実とミュージカル内のストーリーが交錯していく。そしてそのフレームのさらに外側から、時にさりげなく介入しつつ、すべてを見守る高次の存在「天使」(チ・ジニ)がいる。そしてさらにさらに外側からは、私たち観客が、その天使をも含めたすべてを鑑賞している……という入れ子になったメタ構造。

まずは、そこが面白い。単純に何も考えず、センチメンタルなラブストーリーに身を委ねて酔い痴れたい人には、不向きかもしれないけれど。ついでに言えば、この作品の中核にあるラブストーリー自体が、決して分かりやすいセンチメンタルなものではないように思います。そこを面白がれるかどうかで、この映画の評価って、すごく分かれそうな気がします。

ストーリーの序盤に、ジャッキー・チュン演じる映画監督と、プロデューサー(エリック・ツァンだった! 出てるって知らなかったのでびっくりした!)とが、議論をする場面があります。ミュージカルの中の三角関係にリアリティがない……という監督の悩みを、「観客が求めているのは分かりやすいラブストーリーだからそれでいい」と切り捨てるプロデューサー。言い返せないけれど納得のいってない表情の監督。

それはそのまま、現実にこの『ウィンター・ソング』という映画を撮っていたピーター・チャン監督の悩みでもあったのでしょうか。ついつい、連想がつながってしまいます。

なぜなら、これまで私は、ほかならぬこのピーター・チャン監督の恋愛映画で、「そんなの現実にはありえないけど、本当にあったら素敵だなあ」というストーリーを楽しんで、幸せな気分になっていたから。

男でも女でもかまわない、好きなのはきみそのものだよ……と、このうえなく色気のあるレスリー・チャンが性別を偽っていたアニタ・ユンにささやきかける、『君さえいれば (金枝玉葉/He's a Woman, She's a Man)』。遠く故郷を離れた地でたまたま出会ったマギー・チャンとレオン・ライが、最初から最後まで、離れ離れになってもどこかでつながりが切れずに運命のふたりでいつづけることができた、『ラヴソング (甜密密/Comrades, Almost a Love Story)』。途中でさまざまなホロ苦い思いをしつつも、ストーリー展開に重みを感じつつも、しみじみとした余韻を残しつつも、それらは結局のところ、あくまでも「素敵だなあ」と、ほんわか幸せ〜な気持ちで見終えることのできる映画たちでした。

それと比べれば、今回の『ウィンター・ソング』のエンディングでは、10年のあいだ引きずった愛憎や、男2人女1人による三角関係のもつれが解消されて結論が出たあとの、清々しく前向きな空気のなかに、はっきりとビターなものが混じっています。ただ、そんな顛末を「天使」(と、パンフには書いてあったんだけど、映画を観ただけじゃ“普通のヒトじゃない”ってことくらいしか分かんないって! 羽根ないもん!)の視線がほんわりと包んでいるので、そこにシンクロして、やさしい気持ちで観終わることができるという仕組み。天使をやっていた韓国人のチ・ジニさんってこの映画で初めて見ましたけど、嫌味のないさらりとした容貌で、この役にハマってます。

これが、『ラヴソング』から約10年後のピーター・チャン監督が撮った恋愛映画なのか――というのは、感慨深いものがありました。もはや「そんなことが本当にあったら素敵だなあ」ではなくて、「そんな素敵なことがなくたって、人は自分で自分のゆく道を選択しながら生きていけるし、生きていかなくちゃいけないんだ」みたいな。今のピーター・チャンが、エンターテインメントとして成立させるために必要な虚構性をすれすれまでリアル側に押し進めた結果が、これなのか、と。

ところで、そんななかで一番、ある意味リアルじゃないと思ったのは、ジャッキー・チュン(笑)。作中では映画監督として登場するのに、最初に考えていた俳優が来ないとなると突然「その役はオレがやる!」なんて自分もミュージカル出演者の一人として出張ってきて、しかもほかのキャストを差し置いてひときわ歌が上手い。もうね、ほかの人たちと、声量も歌唱力も全然違うの。別世界なの。どんな映画監督だよ!

日本では映画出演による知名度のほうが高いと思われるジャッキー・チュン(ジャッキー・チェンじゃありません←うちの夫がこのあいだ間違えていたので念のため書いておく)が、香港では「歌神」の異名を持つ本格派の歌手であるということは、知識としては分かっていたのですが、ちゃんと歌を聴いたことはこれまでありませんでした。すっっごいねえ(ため息)。ミュージカルのパートになった途端、耳も目もジャッキーさんに持っていかれてたってかんじです。映画全体のなかで一番心を揺さぶられたのは、虚構の中のそのまた虚構である、ミュージカルのクライマックスでのジャッキーさんのシーンでした。

そういう意味では、もしかしたらジャッキーさんのファンの方々にとってはこれ、たとえストーリー自体が楽しめなくても、ジャッキーさんがいつもの持ち歌とはちょっと毛色の違うミュージカル・ナンバーを朗々と歌っているという、ただそれだけでものすごく価値ある映画なのでは、なんてことを思いました。金城くんも主役として頑張っているし、歌も悪くないんだけど、とにかくもう歌に関しては「格が違う」としか言えません。

ああでも、そうそう、正直ちょっと耳にするのが怖かった(こらこら)金城くんの歌もね、ほんとのほんとに悪くなかったんですよ! 現役アイドル歌手やってた頃より、いいんじゃないの? 少なくとも、映画の中でのそれぞれの場面にふさわしい歌い方だったし、アイドル時代に歌っていたラブソングより、よっぽど情感がこもっていたようにも思います。それは、金城くんが「アイドル歌手の金城武」としてではなく、「ミュージカルに出演する俳優の役をやることになった俳優の金城武」として演技をしながら歌っていたからなのかもしれません。つまり、やっぱり“俳優”なんだよな、この人は……と。すんごく、いまさらですが。

Posted at 20:22 | 個別リンク用URL | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月17日

McEwan's Scotch Ale

ビールラベル

mcewans.jpg

ずいぶん長いこと、ビールラベルの写真をアップしていませんでした。どうも、いったん写真を撮らずに飲んじゃうようになると、そのままずるずる行っちゃうんだよねえ。

でもなんか今でも時折、ビールラベル写真が楽しいという感想をいただいたりするし(いや、ほかにとりたてて特徴のないブログだからっていうのもあるとは思うけどさ)、せっかくなので、ちょっとまた飲んだものを記録していくように心がけようかな。

とりあえず、ハードディスクをあさっていて見つけた画像を1つ出してみます。

McEwan's Scotch Aleは、イギリス(ていうかスコットランドだけど)のビールでは今、一番好きかも。タータンチェックなラベルもお気に入り。苦味は控えめで、甘味と濃厚さが印象に残るかんじ。アルコール度数 8.0%。

なぜか、初めて飲んだのは、とあるイタリア料理店においてでした。その後、自宅の冷蔵庫の常連に。

Posted at 00:03 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | 最近 | 2006年12月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.