« 2007年5月 | 最近 | 2007年7月 »

2007年6月25日

小倉千加子『ナイトメア 心の迷路の物語』

読了本 | 書籍・雑誌

岩波書店(2007年3月)【Amazon.co.jp】

毎日新聞のサイトの連載(2005年7月〜2006年3月)を改稿・加筆したもの。ウェブ連載のは、断片的に読んだ記憶があるな。

「ナイトメアの話をしてもいいでしょうか?」という一文を皮切りに、語り手である“私”のところに次々と届き始めた、とある女子学生からの手紙。便宜的にこの本のなかではナイトメアと呼ばれる彼女に向き合ううちに、日本の今の社会で生きる、ある種の若い女性が感じているであろう普遍的な「息苦しさ」みたいなものが浮き彫りになってくる。しかし彼女の抱える問題の根本に、“私”にも理解可能だった社会的・構造的な視点で説明できるものだけでなく、ある個人的な要素も存在したと判明したときに、“私”はそれまでのようには、彼女に向き合えなくなっていく。

うーん、なんなんだろう、これは。仕事柄、若い女性に接することの多い小倉さんが、社会のなかに歴然として残っている「女の子」の概念に自分を合わせることができず苦しんでいる女の子たちを救いきれなかった懺悔、あるいはそういったテンプレートの罠に嵌ったまま自分自身であることを放棄している女の子たちを引っ張り出せなかった悔しさを、フィクションとして表現することによって昇華してみた、ようなもの?

巻末に、「本書はフィクションであり、実在の人物、団体とは関係ありません。」って書いてあるんだけど、多分ベースになった、ナイトメアについての手紙を書いてきた女の子は、実在したんじゃないかな? というのは、昔読んだ、小倉さんの古いエッセイに、それらしき記述(「ナイトメア」についての手紙を送ってきた女子学生への言及)があったはずなのだ。でも、結局それを「お話」として書いてしまった、ということなのか。

まあ、どっちでもいいです、私は。上記のように他の著作を拝読してある程度背景が分かっていると、どうしても雑念は入ってきてしまうのだが、それでも私は、尾崎翠の晩年の過ごし方が実際にはどうであったかで作品の評価を変えてしまったり(同著者の『シュレディンガーの猫』)、モンゴメリの死因を執拗に考察してそれを作品の解釈に絡めてしまったり(同著者の『「赤毛のアン」の秘密』)するようなタイプの読者ではないので、フィクションと称して提供されているものは、フィクションとしてなるべく純粋に受け止めるのが理想って思っていますよ。

Posted at 12:32 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日

三浦しをん『シュミじゃないんだ』

読了本 | 書籍・雑誌

シュミじゃないんだ

新書館(2006年11月)【Amazon.co.jp】

2001年から2005年にわたる4年半のあいだ、『小説ウィングス』に連載されていた、BL(ボーイズラブ)漫画論。熱く語ってます。ここで紹介されている作品を、私は1冊も読んだことがないのだけれど、言ってることは、なんだかすごく納得できて(させられて)しまうのがすごいよなあ。

今のウィングスっていうと、どっちかというと「そっち系」のイメージ強かったりするんですが、これはちゃんと「同好の士」以外へ向かってのブックガイドにもなってる。取り上げられてる本をまったく知らなくても、興味をそそられる。愛に裏打ちされた表現技術。これ、漫画を対象としたものだけじゃなく、小説ブックガイド版も読んでみたい気がする。世に書評は多々あれど、このジャンルを、そういう属性のない人に向かってここまで語れる人は少ないんじゃないかなあ。

さて。上記ですでにお分かりのとおり、私には今ひとつ、BL受け入れ属性がありません。ただ、非BL作品ですごく気に入って、同じ作者の作品をどんどん読んでいったら、そのなかにBL系のものも含まれていて、やっぱり同じ作者のものであるだけに、とても面白く読めた……というような経験はあるので、受け入れ属性はないけど拒否属性もない、といったスタンスでしょうか。

それで、たしかに「このジャンルだからこそ表現できる人間の心の機微」、「このジャンルだからこそ輪郭がはっきりするテーマ」みたいなものは、あるかもなあ、というのは、なんとなく分かる。そういった、敢えて一般的なお話ではなくBLを書いてます、みたいな人の作品を読むとね、ものすごいパワー、そしてものすごい真摯さを感じることがあるのですよ。だから、三浦さんのように、読書に関するアンテナの守備範囲の広い人は、とても羨ましい。

私はBLを愛好する人たちに対して「なぜ?」と思うより、むしろ自分に対して、「なぜ?」って思っているよ。「作品としては高く評価できるものも多いと感じていながら、なぜ私はこういったジャンルをすんなりと受け入れられずにいるのか」ということに、ずっと引っかかっているよ。なにか、すごい自分で自分の世界を狭めているような気がして、ときおり悔しくもどかしい。

おそらく私は、「女性(および、そこに投影される読者としての自分自身)が構造的に疎外される世界」に、追い詰められて胸が痛くなってしまうんだなあ。そしてさらに言えば、追い詰められてしまう自分自身の弱さと心の不自由さに、非常に歯がゆいものを感じている。

――って改めて書くと、なんか余計にイタいけど。

Posted at 23:39 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日

Shanna Swendson "Damsel Under Stress"

読了本 | 書籍・雑誌

Damsel Under Stress

Ballantine Books, 2007年5月刊【Amazon.co.jp】


とっても普通な女の子が、テキサスの田舎町から大都会ニューヨークに出てきて、なんだかここって、おかしなところだわ……と思っていたら、実は自分自身が、この世にこっそりと存在していた“魔法の力”を完膚なきまでに受け付けない体質だったために、マジョリティな人たちにはちゃんと効いてる目くらましの魔法さえ素通りしちゃってて、見えないはずのものがばっちり本来の姿で見えちゃってただけ! 普通(というか、非魔法的)にもほどがあるよ! 普通すぎて特異だなんて! しかもその特異体質を買われて、魔法を取り扱う会社にヘッドハンティングされちゃうなんて!

……というシャンナ・スウェンドソンの <(株)魔法製作所> シリーズ(創元推理文庫)、現時点では未邦訳の第3弾(ええもう、翻訳が待てないくらいハマってますよ)。ロマンス小説風味のキュートなファンタジー。

去年の10月に読んだ『ニューヨークの魔法使い』および、続編 "Once Upon Stilettos"(邦訳タイトルは『赤い靴の誘惑』かな?)の、さらに続編です。

うふふふふ。やっぱり面白い。私、これ3冊中でいちばん好きかも! パワーアップしてるよ! 好きなシリーズの、最新作を読了した直後に、そういうふうに思えるのって、すごく幸せなことだよね?

正直、2巻の終わりを読んだ時点で、3巻目ではもう恋愛関連の胸キュン(死語)度は減ってしまうんじゃないかと思っていたのがとんでもなくて、なんだか個人的には今回がいちばんドキドキでした。

ヒロインのケイティが、魔法闘争の真っ只中にいながらにして、いじらしいほどに“普通の”感覚を持った、小市民的な共感を呼ぶOLさんであり、正義感や責任感や発想力はしっかりありつつも、「私が私が!」ってがんがん前線に出張っていく戦闘的なタイプじゃなくて、好きな人にはめろめろでもちゃんと自立心があって、恋愛沙汰でやきもきしても同時に職業人・社会人としてのプライドをきっちり保っている堅実で芯の強い地に足のついた女の子だというのが、本当に好き。

あと、ヒーロー(とっても力のある魔法使いなんだけど、めちゃくちゃシャイ)のほうは、ワタシ的には、先の2冊ではいくら控えめなところが魅力って言ったって限度があるだろ、何を考えているのやら、おもてに出さなさすぎですよ……ってもどかしく思うことも多かったんです。しかしさすがに3巻目ともなると、もともとの奥ゆかしさは保ちつつも、ストーリーの語り手であるヒロインに向かって心が開けてきているので感情の動きがある程度は分かるようになってきて、新たな魅力を発揮ってかんじです。でもまだまだ、バックグラウンドに謎の多い人ですね。今回はちょこっとだけ、彼の具体的な生い立ちも垣間見えたりするんですが、かえって謎が増えた。

本筋部分である、ワルモノ側との攻防戦も、いろいろ新たな要素が出てきて、いまだ敵の全貌は見えませんが、かなりハラハラもの。その攻防戦部分と、恋愛部分との、絡まり具合が、めちゃくちゃ上手いの。とにかく、筋に無駄がない。読者をクスッと笑わせるためのちょっとしたネタかと思ったら、しっかりあとあとの展開への手掛かりだったりとか。油断がなりません。

さらには、1巻と2巻でさらっと触れられていたことが、この巻になって活きてきてて「あれれれ、そういえば、前の本ではどういうふうに言及されてたんだっけ?」と、前の巻までさかのぼって確認したくなりました(実際、再読してしまいました)。

そして、この第3巻、「あらららら?」という終わり方になっています。は、早く次の巻を! 次の巻はいつ!?

……というわけで、著者の公式サイトを覗いてみました。続編 "Don't Hex With Texas" は、今のところ来年の1月に刊行予定だそうです。もう書きあがっているそうです。わーい。楽しみ楽しみ!

ところが、さらに読んでいくと、悪いニュースも。なんと、著者blogのFAQによればこのシリーズ、売れ行きが出版社の期待値を下回ったため、この4作目で打ち切りなのだそうです。それで、作者さんが当初予定していらっしゃったような形でのエンディングにはならなかったそうなのです。

えええええ、本国での売れ行き、悪いの!? こんなに面白いのに!? こーゆーのを好きな人の絶対数が少ないのかなあ? もともとのロマンス小説人口と、ファンタジー人口が、かぶらないせい?

実際、SF・ファンタジー好きのファンからの反応がなかなかよいらしいこのシリーズ、アメリカ本国では出版社の方針で若い女性向けの "Chick Lit" カテゴリーに入れられて「ブリジット・ジョーンズ魔法版」みたいなキャッチフレーズで売り出されたため、書店ではロマンス棚に置かれていることが多いみたいなのです。そのせいで届くべき読者の目に留まる確率が減っちゃってるなら、もったいないなあ。

ここまでの巻を読んだかぎりでは、最初から綿密に伏線を張り巡らせているはずなので、最初の構想どおりのものを読めないのは本当に悔しい。なんとか、アメリカでの売り上げが延びて風向きが変わり、著者の意向どおりの巻数で出てくれないものか。とても動揺しています。

Posted at 22:13 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日

2007年6月に読んだものメモ

読了本 | 書籍・雑誌

売れ行きが悪くて打ち切られそうになっているらしい、シャンナ・スウェンドソンの<(株)魔法製作所> シリーズを、<(株)魔法製作所> シリーズを、どうかよろしくお願いします!……って、ここで言ってても仕方ないんだよなあ。アメリカ本国で売れてくれないと。ぐすん。とっても面白いと思うんだけどなあ。もしかしたら、ヒロインの小市民っぷりとか、ヒーローの押しの弱さっぷりとかが、アメリカ人よりもむしろ日本人の共感を呼びやすいのかもしれません。


小倉千加子『ナイトメア 心の迷路の物語』(岩波書店,2007年3月)
 毎日新聞のサイトの連載(2005年7月〜2006年3月)を改稿・加筆したもの。別途感想を書きました。【Amazon.co.jp】


三浦しをん『シュミじゃないんだ』(新書館,2006年11月)
 2001年から2005年にわたる4年半のあいだ、『小説ウィングス』に連載されていた、BL(ボーイズラブ)漫画論。別途感想を書きました。【Amazon.co.jp】


Shanna Swendson "Damsel Under Stress" (Ballantine Books, 2007年5月)
 創元推理文庫から出ている <(株)魔法製作所> シリーズの第3巻。別途、感想を書きました。4冊目でおしまいなんて寂しすぎる!【Amazon.co.jp】


シャンナ・スウェンドソン『ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所>』(創元推理文庫,2006年7月)
 初読は去年の10月。シリーズ1冊目。上記 "Damsel Under Stress" 読了後、いろいろ過去の記述を再確認したくなったので、再読しました。原書タイトルは "Enchanted, Inc." (2005年5月刊) 。改めて思い出したのだけれど、この1巻目を初めて読んだ時点では私、ものすごいイーサン派だったなあ(笑)。魔法の呪文を焦点に知的財産権を主張して法的手段に訴えるという発想が、なんともツボで、イーサンが物語に深く関わってきたときには、本当にわくわくしました。【Amazon.co.jp】


シャンナ・スウェンドソン『赤い靴の誘惑 <(株)魔法製作所>』(創元推理文庫,2007年3月)
 シリーズ第2弾。去年の10月に読んだ "Once upon Stilettos"(2006年4月刊)の翻訳版。日本語で再読したかったので買いました。ヒロインと、田舎から様子を見に来た両親とのやりとりが、なんとも。お互い愛情はあるし、関係もうまく行ってるんだけど、微妙に噛み合わないかんじとか、すごくリアル。【Amazon.co.jp】


永岡美納子『香港の雑貨たち』(学習研究社,2002年10月)
 サブタイトルは、“「チープでキュート」を買い歩き!!”です。まさに、そのとおりの本。雑貨大好きな著者が、香港で買いあさった、独特のかわいさのあるいろんな雑貨を写真とコメントで紹介してます。観光もグルメもスルーして、ひたすら食器や小物を買ってるかんじだな、この人は。でも、雑貨への愛が詰まっているので、この本を見ていると、私もなんだか、香港にチープでキュートな雑貨を買いに行きたくなってしまうよ。【Amazon.co.jp】


以下、漫画本。


よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』第4巻(新書館,2007年5月)
 これで完結。しかし、いろいろなことが、まだまだ続いていくかんじで。残酷だけどやさしい、やさしいけど残酷な人生のある一時期を、さらりとシビアに、でも軽やかに切り取ったお話でした。【Amazon.co.jp】

西原理恵子『毎日かあさん 背脂編』(毎日新聞社,2006年4月)
 豪快さとさりげない繊細さが同居している子育て漫画、シリーズ3冊目。今頃になって読みましたが、やはり今読むと、お父さん(今年3月に亡くなった鴨志田穣さん)が出てくるページで、笑いながらもずしりと来ちゃう。【Amazon.co.jp】

二ノ宮智子『のだめカンタービレ』第18巻(講談社,2007年6月)
 最初の頃から考えると、いやはや遠くへ来たなあ、みたいな。黒木くんの出番が少なかった(特筆したいのがそこかよ!)【Amazon.co.jp】


『フラワー・オブ・ライフ』の収束の仕方には、「やられた!」と思いました。1巻から読み返したあげく、よしながふみのほかの作品も、あれこれ出してきて再読してしまいました。この人の漫画は、痛いところを突かれすぎてじっくり読み返せないものもあったりするんですが。

Posted at 02:25 | 個別リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | 最近 | 2007年7月 »


Generated by Movable Type  

All texts written by NARANO, Naomi.