« Shanna Swendson "Damsel Under Stress" | 最近 | 中野翠『斎藤佑樹くんと日本人』 »

2007年6月30日

2007年6月に読んだものメモ

読了本 | 書籍・雑誌

売れ行きが悪くて打ち切られそうになっているらしい、シャンナ・スウェンドソンの<(株)魔法製作所> シリーズを、<(株)魔法製作所> シリーズを、どうかよろしくお願いします!……って、ここで言ってても仕方ないんだよなあ。アメリカ本国で売れてくれないと。ぐすん。とっても面白いと思うんだけどなあ。もしかしたら、ヒロインの小市民っぷりとか、ヒーローの押しの弱さっぷりとかが、アメリカ人よりもむしろ日本人の共感を呼びやすいのかもしれません。


小倉千加子『ナイトメア 心の迷路の物語』(岩波書店,2007年3月)
 毎日新聞のサイトの連載(2005年7月〜2006年3月)を改稿・加筆したもの。別途感想を書きました。【Amazon.co.jp】


三浦しをん『シュミじゃないんだ』(新書館,2006年11月)
 2001年から2005年にわたる4年半のあいだ、『小説ウィングス』に連載されていた、BL(ボーイズラブ)漫画論。別途感想を書きました。【Amazon.co.jp】


Shanna Swendson "Damsel Under Stress" (Ballantine Books, 2007年5月)
 創元推理文庫から出ている <(株)魔法製作所> シリーズの第3巻。別途、感想を書きました。4冊目でおしまいなんて寂しすぎる!【Amazon.co.jp】


シャンナ・スウェンドソン『ニューヨークの魔法使い <(株)魔法製作所>』(創元推理文庫,2006年7月)
 初読は去年の10月。シリーズ1冊目。上記 "Damsel Under Stress" 読了後、いろいろ過去の記述を再確認したくなったので、再読しました。原書タイトルは "Enchanted, Inc." (2005年5月刊) 。改めて思い出したのだけれど、この1巻目を初めて読んだ時点では私、ものすごいイーサン派だったなあ(笑)。魔法の呪文を焦点に知的財産権を主張して法的手段に訴えるという発想が、なんともツボで、イーサンが物語に深く関わってきたときには、本当にわくわくしました。【Amazon.co.jp】


シャンナ・スウェンドソン『赤い靴の誘惑 <(株)魔法製作所>』(創元推理文庫,2007年3月)
 シリーズ第2弾。去年の10月に読んだ "Once upon Stilettos"(2006年4月刊)の翻訳版。日本語で再読したかったので買いました。ヒロインと、田舎から様子を見に来た両親とのやりとりが、なんとも。お互い愛情はあるし、関係もうまく行ってるんだけど、微妙に噛み合わないかんじとか、すごくリアル。【Amazon.co.jp】


永岡美納子『香港の雑貨たち』(学習研究社,2002年10月)
 サブタイトルは、“「チープでキュート」を買い歩き!!”です。まさに、そのとおりの本。雑貨大好きな著者が、香港で買いあさった、独特のかわいさのあるいろんな雑貨を写真とコメントで紹介してます。観光もグルメもスルーして、ひたすら食器や小物を買ってるかんじだな、この人は。でも、雑貨への愛が詰まっているので、この本を見ていると、私もなんだか、香港にチープでキュートな雑貨を買いに行きたくなってしまうよ。【Amazon.co.jp】


以下、漫画本。


よしながふみ『フラワー・オブ・ライフ』第4巻(新書館,2007年5月)
 これで完結。しかし、いろいろなことが、まだまだ続いていくかんじで。残酷だけどやさしい、やさしいけど残酷な人生のある一時期を、さらりとシビアに、でも軽やかに切り取ったお話でした。【Amazon.co.jp】

西原理恵子『毎日かあさん 背脂編』(毎日新聞社,2006年4月)
 豪快さとさりげない繊細さが同居している子育て漫画、シリーズ3冊目。今頃になって読みましたが、やはり今読むと、お父さん(今年3月に亡くなった鴨志田穣さん)が出てくるページで、笑いながらもずしりと来ちゃう。【Amazon.co.jp】

二ノ宮智子『のだめカンタービレ』第18巻(講談社,2007年6月)
 最初の頃から考えると、いやはや遠くへ来たなあ、みたいな。黒木くんの出番が少なかった(特筆したいのがそこかよ!)【Amazon.co.jp】


『フラワー・オブ・ライフ』の収束の仕方には、「やられた!」と思いました。1巻から読み返したあげく、よしながふみのほかの作品も、あれこれ出してきて再読してしまいました。この人の漫画は、痛いところを突かれすぎてじっくり読み返せないものもあったりするんですが。

Posted at 2007年6月30日 02:25



All texts written by NARANO, Naomi. HOME