« 2007年6月に読んだものメモ | 最近 | 平安寿子『あなたがパラダイス』 »

2007年7月27日

中野翠『斎藤佑樹くんと日本人』

読了本 | 書籍・雑誌

文春新書(2007年4月)【Amazon.co.jp】

中野翠は、去年の夏の雑誌連載コラムで、まだ世間がそれほど斎藤くん斎藤くん言ってなかった頃に、すでにこの子に着目していたんじゃなかったかしら。

本書によると、甲子園出場より前、西東京大会の試合中継を見たのがきっかけらしい。その後しばらくして、全国大会で斎藤くんが所属する早稲田実業が優勝し、彼にはハンカチ王子なんていうニックネームがついて、社会現象化したわけですが。

まあそれで、「ブーム前から目をつけていたとは、さすがに中野さんって、こういうキャラに対するアンテナが鋭いなあ」と、ちょっと感心していたのですが、まさか本1冊書けちゃうくらい入れ込んでいるとは思わなかったよ。書店で見てびっくりだったよ。

私は普段テレビを見ないので、斎藤くんのお顔もよく分かってなかったのですが、中野翠さんはいったいこの題材で何を書くんだろうという興味があって、逡巡したあげく図書館で借りて(すみません)読んでしまいました。

で、結局、読み終えたあとも正直、世間の斎藤くんファンの心情にシンクロすることはできないままなのですが、中野翠がときめいていることはよく分かった。なんだか、いろいろとデータを持ってきて社会の趨勢とかと絡めてあれこれ冷静っぽく分析しているわりには、文章の端々に“乙女”がにじみ出ている気がするのですよ。私も、好きな芸能人について語るときとかは、冷静ぶって(るつもりで)作品評を書いていても傍目からはこういうかんじなのかもしれません。わはは。斎藤くんは芸能人じゃないけどね。

Posted at 2007年7月27日 19:44



All texts written by NARANO, Naomi. HOME