« 絲山秋子『豚キムチにジンクスはあるのか 絲的炊事記』 | 最近 | 梶原由佳『『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ』 »

2008年4月 9日

石黒智子『わたしの台所のつくり方』

読了本 | 書籍・雑誌

わたしの台所のつくり方

暮らしの手帖社(2007年3月)【Amazon.co.jp】

1月の『ずらり 料理上手の台所』、2月の『ジャンク・スタイル・キッチン』に留まらず、3月にもまた「ひとさまの台所」覗きの本を手にとってしまったのでした。石黒さんがご自分でお使いの“日本で初めての「ガスバーナービルトイン、ダブルシンク、1.5ミリ厚18-8ステンレス製オーダーメイドシステムキッチン」”を紹介している本。

シンクの表面に使うステンレスの厚みや表面加工法からタイルの目地の色など、いろんな細かいところまで考え抜かれたシンプルで機能的なフルオーダーキッチンそのものに関しては、今後大々的にリフォームでもしないかぎり、直接的な参考にするようなことはないでしょうが、とにかく著者は、この23年間さまざまな工夫を凝らしながら使いつづけてきたこのキッチンのことが大好きなのだな、というのが伝わってきます。こまごまとした工夫や愛用している道具などについては、ちょっぴり現実的になって自分ちの台所に適用してみたところを想像してみたりもしつつ、なかなか楽しく読み終えました。
PEEL A PPEAL ベジタブルピーラー

高さ90cmの作業台でも高さに合った道具を使えば大丈夫という石黒さんの身長をうかがってみたい。洗い物はシンクが高いほうが楽と書いてありますが、私は標準的な高さ86cmのシンク使用歴4年にして、いまも昔住んでた家(および階下の義両親のキッチン)に入っていた80cmシンクでの洗い物のほうが楽だったなあと感じるので。もちろん、石黒さんもおっしゃるとおり、家族と共有するという意味では、ただ一人にとってジャストフィットサイズのキッチンってのは考えものではあるのですけれど。

そして、本書で紹介されていたPEEL A PPEAL ベジタブルピーラーが気になります!

Posted at 2008年4月 9日 16:16



All texts written by NARANO, Naomi. HOME