« 2008年7月に読んだものメモ | 最近 | 2008年8月に読んだものメモ »

2008年8月15日

お知らせ

映画・テレビ | 近況

えー、しばらくネット環境を離れるので、管理人による承認後に表示という設定になっているコメント、トラックバックへの対応ができなくなります。ご了承ください。ちなみに、メールチェックも(多分)できません。

って、普段からあまり書き込みのないブログなので、あまりお知らせの意味ないかもしれないのですが。とにかく、よろしくお願いしまーす。


これだけで終わるのも寂しい気がしてきたので、最近観た映画の話でも書いておこう。世の中がポニョとかで盛り上がっているのを尻目に、「カンフー・パンダ(字幕版)」「ドラゴン・キングダム」です。


  • カンフーものだけどアメリカ映画。
  • 映画は派手なカンフーファイトのシーンでスタート。
  • でも実はそれは、主人公の夢だった。
  • 夢から覚めた主人公の部屋には、マニアックなカンフーグッズがいっぱい。
  • なんとなれば主人公は、カンフーヒーローたちの大ファンで知識もばっちりだけど、自分は運動からっきし駄目な、へたれカンフーおたくなのだ。
  • ところがなんと、ひょんなことから、主人公は一方的に「運命によって定められた伝説の人(パンダ)」ということにされてしまう。
  • 不本意ながら、カンフーの達人によって、厳しい訓練を課される主人公。
  • しかしやがて迷いを吹っ切って、お師匠さまのもとで修行に励み成長してゆくのであった。
  • そしてとうとう、最強の敵との運命の対決が!

……っていうところまで、この2本の映画、全部かぶってた(笑)。これがどっちも、同じ7/26に上映スタートしてるっていうのが、なんか笑える。どっちにもジャッキー・チェン(成龍)が出てるし。

でも、それぞれまったく別モノで、どっちもすごく面白かった。要するに、王道なんだよなあ。むしろ、パターンを外されるほうがきっとガッカリするっていうか。

「カンフー・パンダ」ではジャッキー・チェンがカンフー達人のお猿さんマスター・モンキー役(アニメなので声の出演)、「ドラゴン・キングダム」ではジェット・リー(李連杰)がお猿さんもとい孫悟空の役でした。

「ドラゴン・キングダム」では、ジェット・リーとジャッキー・チェンは、それぞれ2つの役をやってるんですけどね。

李連杰が楽しそうだったので、もうなんでも許すわー。お猿の格好で「うきゃきゃきゃきゃ♪」みたいに笑うのが可愛くてねえ。ネット上でほかの人たちの感想を漁っていると、李連杰は寡黙でストイックなイメージだったので驚いた、という意見をけっこう見かけたような気がするのですが、インタビュー映像などを見ていると、この人かなり「お調子者」っぽい浮わついたしゃべりかたをするので(そう感じてしまうのは地声がわりと甲高くて、早口で、素の笑顔がにぱっと明るいせいかしら?)、私はむしろこっちがイメージかも(笑)。

Posted at 2008年8月15日 18:29

コメント

ならのさん、こんにちは。
ネット環境を離れるとの事ですが、いつ頃まででしょう?

私も「ドラゴン・キングダム」観ました!
ラストまでこう来るだろうなと思ったとおりに進む作品でしたが、その王道ぶりが楽しくて好きです。
ジャッキー・チェンもジェット・リーも、演技でなく本当に楽しそうでイキイキして見えたのは思い込み、もしくは贔屓目でしょうか。
二人に目が行ってしまって、主役のアメリカン少年の顔を覚えていないくらい(笑)

世の中がポニョで盛り上がっていてなかなか観たという人に巡り合えなかったので、嬉しくて書き込みました。
このコメントご覧になれないのかなとは思いつつ(^^;

投稿者 かえる : 2008年8月18日 16:12



かえるさん、こんにちは。お久しぶりです。
「いつまで」ってことを書かずに不在宣言だけしちゃってて失礼しました、戻ってまいりました。

「ドラゴン・キングダム」、ほんとにジャッキー・チェンとジェット・リーが楽しそうでしたよねー。私も主役の男の子の顔、ちゃんと覚えてないかも。キミもがんばっていたのに、ごめんよー。しかし制作側も、明らかにこの2人をメインに作ってましたよね?

そして私も、この映画を観た方からのコメントをいただけるとは思っていなかったので、すごく嬉しいです(笑)。

投稿者 ならの : 2008年8月30日 16:17





All texts written by NARANO, Naomi. HOME